犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る

犬の基礎知識

犬も一生健康で病気一つしない子もいれば、病気がちで動物病院のお世話になる子もいます。 動物病院の場合は、人間の病院のように保険制度がないため、治療費などは全て自費になります。 さらに犬・・・
犬にも血液型があるのを知っていましたか? 犬の場合は、DEA「Dog Erythrocyte Antigen(犬赤血球抗原)」という赤血球の型で血液型が決まります。 犬の血液型は、全部・・・
犬の体の正常値を知っておくことで、健康管理にも役立ちますし、何か異変や異常があった時に比較できますね。 病気の場合も早期発見につながるので、犬の体の正常値を知っておきましょう。 まずは・・・
主に犬に必要な栄養は、たんぱく質、ビタミン、ミネラル、糖質、脂質です。 昔の話ですが、犬のご飯は家族の食べ残した残飯や味噌汁をかけた白米であることが多かったですね。 犬は本来肉食の動物・・・
意外と勘違いしている人が多い、犬の抱き方について考えてみましょう。 あなたは犬を抱く時、どういう風に抱いていますか? 前足の両脇を持ち、下半身は宙ぶらりんにしていませんか? この・・・
純血種の場合には、血統書が発行されますので、犬を飼った時に血統書をもらうと思います。 よく聞く血統書ですが、これって一体どんな意味があるのでしょうか? 簡単に言うと、犬の血統を管理し、・・・
日本ではどうしても純血種よりも劣るといったイメージの強い雑種ですが、海外では雑種の方が人気があり一般的になっているのを知っていますか? 個性が豊かなことと、飼い主に従順で素晴らしいパートナーにな・・・
人気の犬種を調べてみました。 少し前の人気犬種ランキングではこうなっていました。 1位:ダックスフンド 2位:チワワ 3位:プードル しかし、現在の人気ランキングを見るとこう・・・
犬を飼うに辺り、犬種ごとの性格や飼いやすさなども選ぶ時のポイントになると思います。 これは私個人の感想なのですが、どちらかというと大型犬の方が、穏やかで温厚な性格のような気がします。 ・・・
MIX犬の平均寿命が短いと思っている人も多いようですが、MIX犬だから早死にするという事ではありませんし、そんな事実もありません。 MIX犬であろうと、純血種であろうと、無責任な人の手で作ら・・・
ここでお話しするMIX犬とは、純血種同士の組み合わせで誕生した犬のことを言います。 例えば、チワワとダックス、トイプードルとポメラニアンといったような組み合わせのことです。 こういった・・・
ここ最近になって、純血種同士なのですが、異種交配をさせ誕生したMIX犬の人気が高まっています。 MIXと言うと聞こえはいいのですが、あえて悪い言い方をすれば「雑種」という事になります。 ・・・
現在、日本だけでも、何百種類もの犬種があります。 世界では非公認の犬種も含めると、約800種類もの犬種が存在していると言われています。 この品種というのは、人間が長い年月をかけて、品種・・・
中型犬の場合は、体もそれほど大きくはありませんが、食事の量や、散歩の時間、運動量も小型犬に比べると増えることになります。 大型犬になれば、両方ともに増えますので、飼育スペースなども十分なスペ・・・
小型犬の最大の特徴は、コンパクトであるという事でしょう。 日本の住宅事情を考えた時、飼育スペースもそれほど広く取らずにすむので、集合住宅などでも飼いやすいと思います。 体が小さいので女・・・
犬のカーミングシグナルって聞いたことはあるけど、実際には何のことかよくわからないという人も多いのではないでしょうか? 犬のカーミングシグナルを簡単にわかりやすく一言でいうなら、犬のボディラン・・・
人間、犬と考えてしまうと共通点なんかあるわけないと思う人もいるかもしれませんが、考え方をちょっと変えてみると、意外と犬と人間の共通点が多いことに気づくと思います。 人間にも個性があるように、・・・
普段の生活の中で犬がとる行動やしぐさには、必ず意味があるのを知っていますか? これを知っているのと知らないのでは、犬との関係も大きく変わってくるので、飼い主として知っておきたい最低限の犬のし・・・
犬の走るスピードの話をする時に必ず言われるのは、グレイハウンドの走るスピードですね。 時速約60キロ〜70キロで走ると言われています。 グレイハウンドは、ドッグレースで活躍している犬で・・・
犬の愛情表現にもいくつかありますね。 我が家のワンコたちも体全身を使って愛情表現をしてくれることがあります。 ちょっと買い物に行ったり、出かけたりして帰宅した時には、「どこいってたのぉ・・・
毎日犬を見ていると、ある程度の感情は理解できるようになってきます。 どんな時に、犬はどんな気持ちでいるのかを見ていきましょう。 まずは、楽しい時は犬も生き生きとしています。 目も・・・
犬が何かを攻撃するには、それなりの理由が存在します。 その理由について考えてみましょう。 まずは、アルファシンドロームと言われる、支配性からくるものです。 犬は群れで生活する習性・・・
今、我が家にいる犬と暮らし始めて長い子で13年目になりました。 室内で犬を飼うのはこの子たちが初めてだったので、色々なことを知り学ばせてもらいました。 その中で意外な発見もたくさんありまし・・・
毎日犬と暮らしていると当たり前になっていることでも、ちゃんと理由があるんですね。 犬の行動から、その時の犬の心理などもわかることがあります。 一番わかりやすいのが、尻尾ですね。 ・・・
犬の平均寿命は、大型犬と小型犬によって多少変わってきますが、だいたい、12歳〜15歳と言われています。 しかし、現在では、昔と比べて犬が生活する環境や、ドッグフードもかなり良くなってきている・・・
犬の成長には個体差があるものの、約8ヶ月〜12ヶ月で成犬へと成長していきます。 性成熟期とも言われるように、この時期になって初めて交配させることが可能になります。 メスの場合は生後約6・・・
人間は1年経てば、1歳になり、2年経てば2歳という様に、年ごとに年齢を重ねて行きます。 しかし、犬の年齢の数え方は人間とは少し違ってきます。 大型犬と小型犬でも多少の違いがありますが、人間・・・
犬の本能は生まれ持ったものなので、無理やり押さえつけようとしたり、意味も考えずに叱ったりすると、逆効果になることがあります。 まずは犬の本能について、どういったものがあるのかを知っておきまし・・・
一番わかりやすいのは、オス犬が片足をあげてオシッコをする習性ですね。 これは、マーキングといって自分の縄張りを主張するために行う習性だと言われています。 縄張り意識の強い犬は、家の中で・・・
犬は人間よりも早足で、その一生を終えることは多くの方もご存じですね。 犬により個体差がありますが、生後8ヶ月〜13ヶ月ほどでほぼ成犬になり成長が止まります。 メスは半年に1回生理があり・・・
犬にもちゃんと記憶力があると思っています。 例えば、大好きなボールで遊ばせている時です。 夢中になっていつまでも遊んでいるのはいいのですが、噛むとピーピと音がするボールの場合は、夜の遅・・・
犬の知能は、人間の2歳児くらいであると言われています。 犬がいたずらをしたり、言う事を聞かなかったりした時には、思わず「このバカ犬!」なんて怒ってしまう事もありますが、犬にもちゃんと知能はあ・・・
犬の脳力について考えてみましょう。 ちょっと難しい話に聞こえてしまいそうですが、犬の脳についてその構造から見ていきましょう。 硬膜、クモ膜、軟膜、脳梁、大脳、小脳、視床間橋、脳室、延髄・・・
ドッグフードにも色々あって、メーカーや種類が違えば味もかなり違ってきます。 味を感じるのは、味蕾(みらい)という部分です。 私たち人間は、味蕾が約1万個あるのに対して、犬は2,000個・・・
犬の五感の中で一番早く発達するのが、触覚だと言われています。 生まれたばかりの仔犬はまだ目も開かず、一番いいはずの嗅覚もまだそれほど能力を発揮できないのです。 お母さんのお乳を探したり・・・
犬の視覚について考えてみましょう。 私たちから犬を見た時、それぞれの毛の色や顔つきなどキレイに見えていますが、犬から見た時はどういう風に見えているのでしょうか? よく犬の写真を撮る時、・・・
犬には、色々な耳の形がありますね。 たれ耳、ピンと立った耳、根元は立っているんだけど上の方は半分垂れている耳など、犬種によっても様々です。 犬は私たち人間と聞き取れる音の範囲が違うため・・・
私ごとで恐縮ですが、犬が大好きな私は鼻が効くので、よく「犬みたいだね」と笑われることがあります(笑) もちろん、犬の嗅覚の凄さには足元にも及びませんが、犬の持つ感覚の中で一番優れていると言わ・・・
犬好きの方でも、犬の祖先はオオカミだという事くらいは知っていると思います。 私たち人間もそうですが、動物たちも進化を繰り返し、元になるものから枝分かれをして様々な姿へと変化していきました。 ・・・

カテゴリー「犬の基礎知識」のトップへ↑