犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る


仔犬の対応


家に仔犬が来たら、嬉しくて可愛くて、一瞬しつけなんてどうでもよくなってしまいます(笑)

でも、そういうわけにも行きませんので、仔犬だからといってやりたい放題好き放題にさせてはいけないのです。

大切なのは、最初の対応です。

仔犬は、まだまだ小さくて赤ちゃんと同じなのですが、飼い主さんの対応の仕方をよく見ています。

寂しかったり、遊んでほしい時に鳴いたら、飼い主さんが飛んで来た、なんて時、次に同じように思った時、鳴けば飼い主さんが来ることを覚えてしまうので、無駄吠えの多い犬になってしまいます。

仔犬だから、成犬だからと態度を変えるのではなく、常に一貫した態度で対応しなければいけません。

仔犬は最初の数日間、ほとんど夜鳴きをします。

ココがまず、飼い主さんと犬との関係の今後を決めるカギとなるはずです。

鳴いたからといって、そのたびに様子を見に行き、抱っこしていたりしたら、鳴けば何とかなると学習してしまいます。

これが嫌なら、辛くても心が痛んでも無視するしかないのです。

仔犬は甘噛みをしますが、これは習性なのである意味仕方がないことなのです。

でも、人を噛んではいけないという事を仔犬のうちに学習させなければいけません。

噛まれた時、歯が生えてくるから痒いのね、仕方ない・・・ではなく、その場でマズルを押さえて目を見てイケナイといいきかせましょう。

「あ!」とか、「痛い!」と大きな声を出すのも効果的です。

仔犬の対応をしっかりと行わないと、後で飼い主さんが後悔する事になります。

関連コンテンツ

高齢犬・老犬の対応

ついこの前まで、小さくて弱々しい仔犬だったのに、いつの間にか大人になり、気づけばもうお爺ちゃん犬、お祖母ちゃん犬になっている我が家の犬たち。 犬は私たち人間よりも早く年を取っていくので、飼う・・・

犬との遊び方

犬との遊び方について考えてみましょう。 犬は基本的に遊ぶことが大好きな動物です。 遊ぶのも仔犬の頃からの習慣もあります。 飼い主さんにたくさん遊んでもらえなかった仔犬は、遊び方が・・・

寒さ対策

仔犬や高齢犬は寒い時に、上手に体温調節ができないので、風邪を引いたり体調を崩しやすいので特に注意してあげてください。 屋外にいるワンちゃんの場合は、犬小屋の中に発泡スチロールを敷いてあげるだ・・・

熱射病&熱中症対策

犬も人間と同じように、熱射病&熱中症になるのを知っていましたか? 症状も人間と同じなので、夏の暑い時期や、梅雨時の蒸し暑い時期には、熱射病&熱中症対策をしっかりと取っておきましょう。 ・・・

散歩の時間帯

散歩の時間帯も飼い主さんによって、色々な時間帯があると思います。 私は基本的に朝ごはんの前と、夜ごはんの前にしていますが、たまに夜の分を省略してしまう事もあったりします。 近所の人で、朝の・・・

散歩の時間

散歩の時間といっても、散歩に行く時間と、どれだけの散歩をするかの2種類ありますね。 まず散歩に行く時間帯についてですが、大抵の場合は飼い主さんの都合で決まってくるとおもいますので、都合のいい・・・

散歩の回数

散歩の回数については、飼い主さんのライフスタイルによっても変わってくると思います。 一応、一般的には、朝晩の2回が理想だと言われていますが、仕事の都合で1日1回しか行けない場合も、毎日連れて行け・・・

誤飲誤食をさせないようにする

誤飲誤食は、日ごろからの習慣も大きく関係してくると思います。 仔犬の頃に付いてしまった習慣は、なかなか直すことできません。 誤飲誤食に注意するためにも、拾い食いなどをさせないように仔犬の頃・・・

1日に必要な水分量

犬も生きていくためには、水を飲まないといけません。 1日に必要な水分量については、日本とアメリカでは少し違いがあるようですね。 日本の場合で言うと、犬が1日に必要な水分量は「132×体・・・

犬に食べさせてはいけないもの

犬に食べさせてはいけないものについて知っておきましょう。 人間にとって美味しいもの、体に良いとされている食べ物も、犬にとっては毒になる場合もあります。 これは犬と生活をするうえでとても・・・

犬のおやつ

以前と比べて今のドッグフードは、かなり質も良くなり栄養バランスも整っていますので、基本的にはドッグフードだけでも十分栄養は足りています。 でも、やっぱり喜ぶ顔を見ると、ついついおやつの時間も・・・

冬の食事

冬は夏よりもたくさんエネルギーを使っているのを知っていましたか? 私たち人間もそうですが、それは犬も同じなんですね。 エネルギーは消耗した分、きちんと補ってあげないといけませんね。 ・・・

年齢別に食事を変える

ドッグフードと言っても、年齢に応じて種類を変えていくことも必要なんですね。 仔犬の時には、栄養価の高いパピー用のドッグフードを与えます。 1歳になる頃には、成長もほぼ止まり、大人になっ・・・

食事の回数

食事の回数は飼い主さんのライフスタイルによっても、様々なので「これが正しい!」という事は出来ないかも知れません。 私の場合は、仔犬の時、2ヶ月〜3ヶ月までは欲しがるだけ、お腹の様子を見ながら・・・

ドッグフードの保管方法

ドッグフードには防腐剤が入っているものもありますが、それでも永久に腐らないというわけではありません。 ドッグフードだって保管方法が悪ければ、傷んでしまいますし、湿気の多い梅雨の時期には、カビ・・・

ドッグフードの選び方

ドッグフードの選び方について考えて行きましょう。 犬にも、年齢やその時の体調などによって、ドッグフードを変えていく必要があります。 仔犬の時には、栄養価の高いパピー用のドッグフードを食・・・

ドッグフードの種類

ドッグフードといっても、実際は色々な種類のドッグフードがあります。 一番ポピュラーなのは、カリカリと美味しそうな音を出して食べるドライフードですね。 このドライフードにも、歯の弱い高齢・・・

トイレの設置場所

トイレの設置場所についてには、色々な考え方があるので、どれが正しくて、どれが間違っていると言えない部分もあります。 サークルの中にトイレを設置するのはよくないという意見もあります。 し・・・

ハウス・サークルの設置場所

室内で犬が暮らす家となるサークルやハウスは、犬が安心できる自分の居場所となるので、設置場所も十分に考えてあげたいですね。 夏は風通しがよく、冬は日当たりのいいところがべストなのです。 ・・・