犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る


犬の性格を知ろう!


犬はみんな同じ性格だと思っていませんか?

もしもそう思っていたら大間違いですよ(笑)

犬も私たち人間と同じように、色々な性格の子がいるのです。

ちょっと神経質な子、臆病な子、甘えん坊な子、勝気で負けず嫌いな子などなど、人間と同じように色々な性格の犬達がいるのです。

我が家のワンコ達は、同じ両親を持つ兄妹犬ですが、性格が全く違います。

とてもおっとりしていて、ちょっと臆病なくらい気持ちが優しい子。

完全にマイペースで、笑えるくらい物おじしない勇敢な子。

甘えん坊でわがままで自分が一番じゃないと気が済まない子などなど色々なんですね。

しつけをする時には、褒めることが基本となりますが、時には叱ることも必要になる場合があります。

例えば、甘噛みのしつけの場合で考えてみましょう。

仔犬は習性で口に入れて何かを確かめようとしたり、甘えたくて甘噛みすることがあります。

甘噛みだからと許してしまうと、本気と甘噛みの区別が付かなくなってきますので、仔犬のうちに人を噛んではいけないという事を徹底してしつけていくことが大切になります。

この時、犬の性格によって対応の仕方を変えていかないと失敗してしまう事もあるので、注意してください。

例えば、臆病でおとなしい性格の子に、ビシビシとスパルタでしつけをしても怖がって怯えてしまい、しつけどころではなくなってしまいます。

こういう場合には、「あ!」とか、「痛い!」とちょっと大きい声を出すだけでも驚いて甘噛みをやめるので、強く叱る必要はありません。

強気な性格の子の場合は、エスカレートしてしまう事もあるので、マズルを押さえて、「噛んではいけない!」と教えていきます。

このように犬の性格を知ることで、しつけの仕方も変わってくることを理解してあげてくださいね。

関連コンテンツ

しつけは短時間で集中して行う!

何をするにもそうですが、いつまでもダラダラと続けていては効率も悪くなりますし、集中力もなくなってしまいます。 犬のしつけもこれと同じです。 早く覚えてほしい、しつけを上手にしたいという・・・

叱るタイミングを知る!

私自身自分の経験から、犬のしつけの基本は褒めることだと学んできました。 でも、時には叱ることも必要になります。 しつけをする時、各家庭でルールを決めると思います。 絶対にやっては・・・

基本的に褒めてしつけよう!

私は多頭飼いをしています。 多頭飼いの場合は、一番最初の子のしつけをしっかりとしておけば後は意外と楽なんですが、1匹だけどうしてもトイレを覚えられない子がいました。 最初は出来ないこと・・・

焦らずじっくりしつけよう!

同じ頃に犬を飼い始めた人がいて、その人のところはとても順調にしつけも進み、あっという間に覚えてしまう・・・なんて話を聞くと、「うちの子は?」と比べてしまう事はありませんか? 犬にも人間と同じ・・・

しつけのルールを決めよう!

犬のしつけを上手に行うためには、ルールを決めておくことも大切です。 いくら可愛いからといっても、全て犬の言う事を聞いたり、犬の思うがままに従っていては、犬は飼い主をリーダーと認めず言う事も聞・・・

しつけの号令は同じ言葉で!

しつけの号令は同じ言葉にしましょう。 お父さんは、「マテ」というのに、お母さんは「待っててね♪」、お兄ちゃんは「待ってって言ってるでしょ」では、犬はそのうちにわけがわからなくなってきます。 ・・・

社会化トレーニングをしよう!

社会化トレーニングというと、とても難しいことのように思えてしまうかもしれませんね。 でも、そんなことはありません。 社会化トレーニングとは、犬を外の世界に連れ出すと言うことです。 つ・・・

犬と信頼関係を築こう!

犬は飼い主を信頼し、リーダーと認めたら、とても従順でかわいいものです。 飼い主さんだって、犬が自分の言う事を聞いてくれた方が一層愛情も深まりますよね? そのためには、まずお互いの信頼関・・・

犬の本能と習性を理解しよう!

犬のしつけをする時に、犬が持っている本能や習性を理解していないと、しつけが成り立たなくなることもあります。 まずは、どんな犬種でも犬の習性や本能を知っておくことが、しつけの第一歩と思っておき・・・

犬のしつけを開始する時期

しつけは仔犬を家に迎え入れた日から始まっています。 まずは、用意したサークルに入れて新しい環境に慣れさせることから始めますね。 これもしつけの一つではないでしょうか? しつけも最・・・