犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る


お留守番のしつけ


お留守番のしつけも、各家庭の飼育環境によって変わってきますね。

トイレのしつけが完璧にできているのなら、部屋の中で自由に好きな場所でお留守番できるようになります。

でもこの時、犬の手の届くところに何かを置いておくと、おもちゃにされたり壊されてしまう事もあります。

もし、留守番させる時に室内で自由にさせておくなら、犬の手の届くところには物を置かないようにしましょう。

トイレのしつけがまだできていない場合や、飼い主さんがいないことで、トイレを失敗してしまう場合には、サークルの中でお留守番をさせるといいですね。

我が家でもお留守番をさせることがありますが、長時間のお留守番の場合にはあるグッズを使っています。

できるだけ長持ちする、ちょっといつもより大きめのガムや、デンタルコングにギュウギュウにおやつを詰めてそれを、与えてから出かけます。

大きめのガムやデンタルコングがあると、中身を取り出したり、食べ終わるまでに時間がかかるのと、たくさん噛んで疲れるので、お利口に寝ていてくれます。

よく、出かける前に犬に声をかけると不安にさせてしまうので、逆効果と言われています。

しかし、我が家では私が最初に声をかけて出かけるようにしてしまったので、無視して行くといたずらをしてしまうので、必ず声をかけていきます。

これは各家庭の習慣なので、最初に声をかけないのなら、それを徹底しましょう。

最初は少し後を追って吠えることもありますが、お気に入りのガムや、デンタルコングを見ると夢中になってくれるので、後を追って鳴くのは一瞬だけです(笑)

このように、アイテムやグッズを上手に使う事で、お利口にお留守番することができます。

最初は、短時間部屋を離れて様子を見ながら、べストだと思える方法を試してみてくださいね。

関連コンテンツ

ハウスのしつけ

ハウスのしつけは、仔犬の頃から習慣つけていくのが一番ですね。 まず、仔犬を家族として迎え入れる時に、サークルを用意すると思いますので、その中にハウスを置いてあげます。 仔犬が安心して安・・・

引っ張り癖のしつけ

引っ張り癖は、お散歩の時によくある光景ですね。 飼い主をリーダーと認めていない場合に、よくある行動の一つが引っ張り癖です。 散歩の時でも、主導権は飼い主さんが握るようにしましょう。 ・・・

マウンティングのしつけ

マウンティングと言うのは、犬同士の挨拶代わりのような場合もあるので、マウンティングをしたからと言ってむやみに叱らない方がいい場合もあります。 多頭飼いの場合は、特にそうですね。 先住犬・・・

食糞のしつけ

犬が食糞をする時には、いくつかの理由が考えられます。 以前にトイレを失敗したことを叱られて、排泄すること自体を悪いことと思い込み、排泄物を隠そうとして食べてしまう。 お腹がすいて、目の・・・

拾い食いのしつけ

拾い食いも子犬の頃からの習慣になります。 まず、犬は視界に何かあった時、匂いを嗅いで口に入れて、それが何であるかを確認しようとします。 この時、食べられないものとわかれば吐き出しますが・・・

マーキングのしつけ

マーキングは、主にオス犬に多いことだと思います。 たまに縄張り意識の強いメス犬もマーキングをすることがあるようですが、ここではオスの場合について考えていきます。 マーキングはある意味、・・・

甘噛みのしつけ

甘噛みは仔犬ならば必ずする行動なので、安易に考えず甘噛みでもやめさせるように徹底しましょう。 仔犬のうちは歯が生えてくるのが痒くて、噛むのも仕方ないという人がいますが、それでも甘噛みは許して・・・

噛み癖のしつけ

犬に噛み癖を付けてしまうのは、飼い主さんの接し方に問題がある場合が多いと思います。 可愛いからといって、犬の言う事を全て聞いていませんか? 犬は家族を一つの群れとみなして行動する習性が・・・

夜鳴きのしつけ

仔犬を家族として迎え入れた時、誰もが必ず通る道と言ってもいいでしょう。 仔犬の夜鳴きは、あって当然のことなのです。 新しい環境にもまだ慣れていませんし、一人ぼっちになった時、母犬や兄妹・・・

無駄吠えのしつけ

無駄吠えのしつけについては、仔犬の頃からの習慣がカギになると思います。 犬が吠える時、必ず吠える理由があります。 警戒心の強い子は、家族を守ろうとして、危険を知らせる意味で吠える場合も・・・

トイレ(おしっこ)のしつけ

私の経験上、トイレ(おしっこ)のしつけが、一番苦労したかもしれません。 我が家では多頭飼いをしていますが、先住犬は母犬と一緒にいた時間が長かったので、母犬を真似てトイレを覚えてくれたので、そ・・・

まてのしつけ

私は、まてのしつけも時にも、ご飯の時間を利用していました。 まず、おすわりをさせてから、食事を目の前におきます。 この時、すぐに食べようとするので、最初は強めに「まて!」と言います。 ・・・

ふせのしつけ

ふせのしつけは、おすわりができた後に教えるとスムーズに行くと思います。 まずは、おすわりをマスターしておきましょう。 おすわりの姿勢から、さらに低い姿勢にさせることが大切なのですが、無・・・

おすわりのしつけ

おすわりのしつけは、何をするにも基本になるので、必ずマスターしておきたいですね。 明るく元気な性格のワンちゃんは、嬉しいことがあるとつい興奮して、はしゃいでしまう事もあります。 そうい・・・