犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る

知っておきたい犬の病気

犬のシュウ酸カルシウム結石についてです。 【原因】 血液中のカルシウムが、シュウ酸と反応することで結石を作る病気です。 極度のストレスや、高タンパク、糖分の多いおやつの摂り過ぎで・・・
犬の別離不安についてです。 【原因】 犬が飼い主と密着した生活をしていると、飼い主が外出している時などに、飼い主の姿が見えないことを不安に思い、長時間吠え続けたり、物を破壊するといった・・・
犬のミオクローヌスについてです。 【原因】 犬のミオクローヌスの原因についてですが、はっきりとした原因は解明されていません。 今までのケースからすると、肝臓病や腎臓病などから来る・・・
犬のケンネルコフについてです。 【原因】 ケンネルコフの原因は、飛沫感染です。 接触感染でもケンネルコフになるので、ペットショップでケンネルコフに感染する仔犬も多くなります。 ・・・
犬の腸内寄生虫についてです。 【原因】 寄生虫に感染している犬の糞に接触することで感染します。 母犬が感染している場合は、胎盤感染することもあります。 【特徴】 腸内・・・
犬の胸部良性腫瘍についてです。 【原因】 犬の胸部良性腫瘍の原因については、遺伝性、免疫不全などが考えられています。 他には、加齢や紫外線、発がん物質なども原因になることがありま・・・
犬の乳腺腫瘍についてです。 【原因】 乳腺腫瘍は犬の乳腺にしこりができる病気ですが、その原因についてははっきりとしたものが解明されていません。 しかし、乳腺腫瘍は性ホルモンに対し・・・
犬の胃潰瘍についてです。 【原因】 胃潰瘍は、私たち人間にもある病気ですが、人間の場合はストレスが主な原因となっていますが、犬の場合は違うようですね。 犬の胃潰瘍の原因は、肥満、・・・
犬の悪性黒色腫(メラノーマ)についてです。 【原因】 犬の悪性黒色腫(メラノーマ)の原因についてですが、メラニンという色素を作る細胞が、ガン化することで発症します。 【特徴】 ・・・
犬の皮膚組織球腫についてです。 【原因】 皮膚組織球腫の原因については、はっきりとしたものが解明されていません。 【特徴】 1歳くらいの若い犬に多く見られる病気です。 ・・・
犬の肛門周囲線腫についてです。 【原因】 肛門周囲線腫の原因は、男性ホルモンが大きく関係していることがわかっています。 【特徴】 去勢をしていないオス犬、特に老犬に多く発症・・・
犬の線維肉腫についてです。 【原因】 犬の線維肉腫については、今の段階でははっきりとしたものはわかっていません。 【特徴】 線維肉腫は比較的高齢の犬に多く発症します。 ・・・
犬のリンパ腫についてです。 人間にリンパ腫と同じで、犬にもリンパ腫があります。 リンパ肉腫とも呼ばれています。 【原因】 リンパ腫の原因については、現段階でははっきりと解明・・・
犬の霰粒腫についてです。 【原因】 霰粒腫は、「さんりゅうしゅ」と読みます。 霰粒腫の原因は、瞼の裏にあるマイボーム腺という部分に、分泌物などが溜まってしまう事で炎症が起きた時、・・・
犬の骨肉腫についてです。 骨肉腫は、骨にできるガンのことです。 【原因】 骨肉腫の原因については、今のところはっきりとした原因はわかっていません。 【特徴】 大型犬の・・・
犬の脂肪腫についてです。 【原因】 犬の脂肪腫は、皮下組織に脂肪が固まり、長い時間をかけて腫瘍化していく病気です。 はっきりとした原因については、解明されていません。 【特・・・
犬のネフローゼ症候群についてです。 【原因】 ネフローゼ症候群の主な原因は、腎臓の病気です。 この他にも、糖尿病、白血病、腫瘍、感染性の病気、腎臓に負担がかかる薬の服用等が原因に・・・
犬のホーナー症候群についてです。 【原因】 ホーナー症候群というのは、見た目が変わってくることから、目の病気と思われがちですが、実は眼ではなく、眼の周りにある迷走神経の異常が原因なので・・・
犬の前立腺肥大についてです。 【原因】 犬の前立腺肥大の原因は、はっきりとしたものはわかっていないものの、オス特有の病気であることから、男性ホルモンが大きく関係していると考えられていま・・・
犬のアトピー性皮膚炎についてです。 【原因】 人間のアトピー性皮膚炎とほぼ同じと考えていいでしょう。 アトピー素因のある犬に発症する皮膚病で、ハウスダスト、花粉、カビなどのアレル・・・
犬の急性膵炎についてです。 【原因】 犬の急性膵炎については、様々な原因があることがわかっています。 高齢の犬に多い病気ですが、その原因は脂肪分の高い食事、肥満などの日常生活に原・・・
犬の腎盂腎炎についてです。 【原因】 犬の腎盂腎炎という病気の原因は、尿路感染症で、それもかなり症状の重い感染になります。 尿が集まる腎盂という場所があるのですが、細菌感染してい・・・
人間の急性胃炎と同じように、犬にも急性胃炎という病気があります。 【原因】 急性胃炎の主な原因は、胃の粘膜に急激に炎症が起こるためと言われています。 急激な炎症の原因については、・・・
犬の扁桃腺炎についてです。 【原因】 扁桃腺炎の主な原因は、細菌(溶血性連鎖球菌)が扁桃で繁殖して起こる病気です。 腫瘍やリンパ腫などが原因になっている場合もあります。 【・・・
犬の爪周囲炎についてです。 【原因】 爪周囲炎の原因は、主に爪の付け根に細菌や真菌等が、奥深くまで入り、爪の奥で細菌が繁殖することで起こる病気です。 シャンプーや、散歩の後に手足・・・
犬の関節炎についてです 【原因】 関節炎の原因については、いくつかの原因が考えられます。 一番多いとされているのが、肥満ですね。 太ることで体重を支えきれず関節に炎症が起き・・・
犬の膀胱炎についてです 【原因】 犬の膀胱炎は、いくつかの原因が考えられています。 主な原因となっているのは、細菌感染(大腸菌、ブドウ球菌)です。 この他では、寄生虫や腫瘍・・・
犬の乳腺炎は、その名の通り、乳腺に炎症を起こす病気です。 【原因】 乳腺炎の主な原因は、産後しばらくして仔犬に歯が生え始める頃、授乳中に仔犬の歯で乳頭を傷つけてしまう事があります。 ・・・
犬の咽頭炎をわかりやすく表現するとしたら、風邪をひいた時に感じるのどの痛みといった感じでしょうか。 犬も、喉に炎症が起きれば咽頭炎になるのです。 【原因】 咽頭炎は人間の風邪と同・・・
人間にも結膜炎があるように、目の病気ですね。 【原因】 結膜炎の原因は、細菌やウイルスによるものもあれば、アレルギーが原因になっていることもあります。 また、寄生虫が原因となって・・・
外耳炎も犬の耳の病気です。 【原因】 外耳炎の主な原因は、真菌や細菌感染によるものです。 この他には、寄生虫(耳ヒゼンダニ)が原因となり外耳炎になる場合もあります。 何か異・・・
内耳炎は犬の耳の病気のことです。 その名の通り内耳の部分に炎症を起こします。 【原因】 内耳炎の主な原因は、細菌感染によるものです。 元々外耳炎をこじらせて、内耳炎になってしま・・・
犬の気管支狭窄についてです。 【原因】 気管支狭窄は、何かを誤飲した時や異物を飲み込むことで気管が狭くなった時に起こります。 他の病気が原因で、気管が狭くなり気管支狭窄になること・・・
気管虚脱は気管が扁平に変形してしまうため、呼吸がしづらく呼吸困難等を引き起こす病気です。 【原因】 気管虚脱にはいくつかの原因が考えられます。 遺伝、肥満、老化など原因も様々です・・・
溶血性貧血と言うのは、赤血球が何らかの原因で破壊されることで起こる貧血のことを言います。 【原因】 溶血性貧血の原因には、先天性のものと後天性のものとがあります。 先天性の場合は・・・
人間にも食物アレルギーがあるように、犬にも食物アレルギーがあります。 【原因】 食物アレルギーの主な原因は、ドッグフードの原料です。 何がアレルゲンになるのかは犬によって個体差が・・・
犬の胃捻転も病名を見ればなんとなくどんな病気か想像ができますね。 胃捻転症候群とも言われている病気です。 【原因】 胃捻転の原因は、お腹がいっぱいの状態や、胃にガスがたまっている・・・
ヘルニアと言う病気は、何かがはみ出してしまう病気と言ってもいいでしょう。 横隔膜ヘルニアの場合は、横隔膜が何らかの原因で破れ、内臓が飛び出してしまう病気です。 【原因】 横隔膜ヘ・・・
犬の椎間板ヘルニアについてです。 【原因】 椎間板ヘルニアの原因は、激しい運動(全力疾走や、ジャンプ)や、階段の上り下り、肥満などで椎間板への負担が大きくなった時に発症します。 ・・・
ヘルニアにもいくつか種類がありますが、頚椎ヘルニアは首のヘルニアになります。 【原因】 犬の頚椎ヘルニアの原因は、主に遺伝であることがわかっています。 遺伝により、元々形成異常が・・・
犬の股関節形成不全についてです。 【原因】 股関節形成不全の主な原因は、遺伝です。 他には肥満や、激しい運動で股関節に負担がかかった時に発症することがあります。 【特徴】 ・・・
犬の股関節脱臼は、股関節を脱臼してしまう病気です。 【原因】 股関節脱臼には、先天性の原因と後天性の原因があります。 先天性の場合は、遺伝によるものがほとんどです。 後天性・・・
犬の心室中隔欠損症も病名からなんとなく想像できますね。 犬の心臓の病気です。 【原因】 心室中隔欠損症の主な原因についてです。 心臓には左心房、右心室がありますが、その左右・・・
どんな病気でも、病名を見ただけでどんな病気なのかある程度予測できる場合があります。 甲状腺機能低下症は、その名の通り、甲状腺の機能が低下してしまう病気です。 【原因】 甲状腺機能・・・
犬のレプトスピラ症についてです。 【原因】 レプトスピラ症の原因は、レプトスピラという病原性の細菌です。 レプトスピラ細菌に感染すると、肝障害を起こし、急性腎不全を起こすこともあ・・・
犬のフィラリア症についてです。 【原因】 蚊を媒介にして、フィラリアという寄生虫に感染する病気です。 全ての蚊がフィラリアに感染しているわけではありませんが、フィラリアに感染して・・・
犬の子宮蓄膿症についてです。 【原因】 犬が陰部を舐めたりすることで、細菌や大腸菌に感染し炎症を起こします。 炎症を起こすため、子宮内に膿が溜まる病気です。 【特徴】 ・・・
脊髄空洞症は、病名を見るとなんとなく想像できる病気ですね。 【原因】 犬の脊髄空洞症の原因に関しては、はっきりとしたものは解明されていません。 したがって、確実な治療法もなく、と・・・
犬のバベシア症についてです。 【原因】 犬のバベシア症の原因は、バベシアという原虫です。 主にマダニから感染し、バベシア症になります。 【特徴】 重度の貧血が見られる・・・
犬の円形脱毛症についてです。 【原因】 犬の円形脱毛症の原因は、色々な原因が考えられます。 人と同じように、ストレスが原因になっている場合もあります。 ノミアレルギーなどの・・・
犬の低血糖症には、大きく分けて2種類あります。 一つは、仔犬がかかる低血糖症。 もう一つは、成犬がかかる低血糖症です。 【原因】 <仔犬の場合> 仔犬はとてもか弱く、・・・
犬の肝性脳症は、あまり聞きなれない病名ですが、これは肝臓が大きく関係している病気です。 犬の肝臓も、その働きは人間と全く同じです。 どんなに食事に気をつけていても、知らず知らずのうちに・・・
犬の指間症についてです。 【原因】 犬の指間症の主な原因は、細菌です。 細菌が原因で皮膚に炎症を起こし、痒みや痛み、腫れなどの症状を引き起こします。 【特徴】 その名・・・
犬の脱毛症についてです。 【原因】 犬の脱毛症の原因については、いくつかの原因が考えられます。 アトピー性皮膚炎や、アレルギー性皮膚炎(ノミ、ダニなど)。 細菌や真菌の感染・・・
膿皮症は、犬の皮膚病の一種です。 【原因】 膿皮症の原因は、ブドウ球菌などの細菌です。 この細菌に感染することで、皮膚に炎症を起こし、化膿してしまい膿皮症となっていきます。 ・・・
犬の心筋症にはいくつかのタイプがありますが、その中でも最も多いと言われている拡張型心筋症についてお話をしていきます。 【原因】 犬に一番多いと言われている拡張型心筋症には、大きく分けて・・・
犬の水頭症についてです。 【原因】 水頭症というのは、病名からもなんとなく想像できるように、脳の中に水が溜まる病気です。 水といっても普通の水ではなく、脳脊髄液のことです。 ・・・
犬の回虫症についてです。 【原因】 犬の回虫症は、犬回虫という寄生虫に感染することで起こります。 主に、母犬のお腹の中にいる時に感染する胎盤感染。 母犬の母乳を飲む時に、感・・・
犬のてんかん発作についてです。 【原因】 犬のてんかんというのは、脳の神経細胞に異常が起きることで発症することがわかっています。 犬のてんかん発作については、いくつかの原因が考え・・・
体全体の疥癬もありますが、ここでは耳疥癬についてお話をしていきます。 【原因】 耳疥癬の原因は、ミミヒゼンダニというダニが寄生することで起こる耳の病気です。 【特徴】 耳疥・・・
犬の緑内障についてです。 【原因】 緑内障は、目の角膜と水晶体の間にある房水の流れが停滞してしまうために、眼圧が上がり角膜や視神経を圧迫し、視覚障害を引き起こします。 緑内障には・・・
犬の白内障も人間と同じ目の病気です。 【原因】 白内障の原因は先天性のものと、後天性のものに分けられます。 先天性の場合は、主に遺伝が原因で生まれつき目の水晶体が濁っている先天性・・・
アジソン病は、別名を副腎皮質機能低下症とも言います。 【原因】 アジソン病は、副腎皮質機能低下症とも言われているように、副腎皮質から十分なホルモンが分泌されないために起こる病気です。 ・・・
犬にも人間と同じように、色々な病気があります。 ここでは、犬の白血病について説明します。 【原因】 残念ながら、犬の白血病についての明確な原因は、まだ解明されていないようです。 ・・・
犬の血友病は、人間の血友病と全く同じで、奇病とも呼ばれています。 【原因】 血友病の原因は遺伝です。 【特徴】 オス犬だけに発症します。 血が止まらないという特徴を持・・・
犬の糖尿病は、人間の糖尿病とほぼ同じ病気だと言えます。 【原因】 人間と同じように、犬も脾臓からインスリンという物質を分泌させて血中の糖分を吸収しています。 このインスリンが何ら・・・
犬のくる病についてです。 【原因】 ・カルシウム不足。 ・たんぱく質やリンの過剰摂取。 ・日光浴(紫外線)不足。 上記などが、くる病の原因になると言われています。 【特・・・
犬の歯周病についてです。 【原因】 犬も食事をした後は、食べたものが歯に付きます。 この食べカスが歯垢となって、細菌が繁殖していきます。 この細菌が、歯肉に炎症を引き起こし・・・
噛むという事は、健康でいるためにもとても大切なことです。 しかし、噛むこと自体を脅かすことにもなる病気が歯槽膿漏です。 【原因】 歯槽膿漏の一番の原因は、「歯垢と歯石」です。 ・・・
犬の病気、膀胱癌についてです。 【原因】 犬の膀胱癌については、今のところはっきりとした原因は解明されていません。 慢性的な炎症(膀胱炎)が引き金になることもあります。 食・・・
乳がんは、メスとして生まれた犬ならなる可能性のある病気の一つです。 乳がんは、乳腺腫瘍とともに犬にできる腫瘍の中で、最も多い腫瘍と言われています。 【原因】 乳がんの原因について・・・
犬にも痴呆という病気があります。 最近は犬の生活環境も良くなり、長生きする犬も多くなっています。 その分、痴呆になる可能性も増えているようですね。 高齢犬になると全ての犬が、痴呆・・・

カテゴリー「知っておきたい犬の病気」のトップへ↑