犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る


痴呆


犬にも痴呆という病気があります。

最近は犬の生活環境も良くなり、長生きする犬も多くなっています。

その分、痴呆になる可能性も増えているようですね。

高齢犬になると全ての犬が、痴呆になるとは限りませんが、痴呆になる可能性はあるようです。

【原因】

犬の痴呆についての詳しい原因は、はっきりと解明されていませんが、人間と同じようにアルツハイマーの原因となる物質が脳内に蓄積されることが原因になるという説があります。

老化の原因の一つでもある、酸化も原因であると言われています。

他には、脳の病気(脳出血や脳梗塞など)が原因となり、脳にダメージを受けることで痴呆になるとも言われています。

【特徴】

犬の痴呆も人間とほぼ同じです。

飼い主の顔も、自分の名前も忘れてしまいますし、簡単な動作などもできなくなっていきます。

【症状】

主な症状としては次の通りです。

・徘徊、その場でクルクルと回り続ける。
・夜鳴き。
・食欲は異常なほど増進するのに痩せていく。
・トイレを失敗するようになる。
・昼と夜が逆転してしまう。
・壁などに頭をぶつけるようになる。

【予防・治療方法】

人間同様に痴呆の治療法は、ありません。

完全に予防はできなくても、毎日単調な生活よりも、常に刺激があれば犬も痴呆になりにくいと言われています。

飼い主さんとのスキンシップは、犬にとって嬉しい時間です。

軽い運動やお散歩に連れて行ってあげましょう。

治療法はありませんが、進行を遅らせることはできるようです。

ある程度の年齢になったら、サプリメントを飲ませることで老化を防止します。

つまり、犬のアンチエイジングといったところですね。

愛犬が痴呆になってしまったら・・・ショックだと思います。

でも、大切な家族の一員であることには変わりないのですから、愛情をもってケアしてあげてください。

関連コンテンツ

シュウ酸カルシウム結石

犬のシュウ酸カルシウム結石についてです。 【原因】 血液中のカルシウムが、シュウ酸と反応することで結石を作る病気です。 極度のストレスや、高タンパク、糖分の多いおやつの摂り過ぎで・・・

別離不安

犬の別離不安についてです。 【原因】 犬が飼い主と密着した生活をしていると、飼い主が外出している時などに、飼い主の姿が見えないことを不安に思い、長時間吠え続けたり、物を破壊するといった・・・

ミオクローヌス

犬のミオクローヌスについてです。 【原因】 犬のミオクローヌスの原因についてですが、はっきりとした原因は解明されていません。 今までのケースからすると、肝臓病や腎臓病などから来る・・・

ケンネルコフ

犬のケンネルコフについてです。 【原因】 ケンネルコフの原因は、飛沫感染です。 接触感染でもケンネルコフになるので、ペットショップでケンネルコフに感染する仔犬も多くなります。 ・・・

腸内寄生虫

犬の腸内寄生虫についてです。 【原因】 寄生虫に感染している犬の糞に接触することで感染します。 母犬が感染している場合は、胎盤感染することもあります。 【特徴】 腸内・・・

胸部良性腫瘍

犬の胸部良性腫瘍についてです。 【原因】 犬の胸部良性腫瘍の原因については、遺伝性、免疫不全などが考えられています。 他には、加齢や紫外線、発がん物質なども原因になることがありま・・・

乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍についてです。 【原因】 乳腺腫瘍は犬の乳腺にしこりができる病気ですが、その原因についてははっきりとしたものが解明されていません。 しかし、乳腺腫瘍は性ホルモンに対し・・・

胃潰瘍

犬の胃潰瘍についてです。 【原因】 胃潰瘍は、私たち人間にもある病気ですが、人間の場合はストレスが主な原因となっていますが、犬の場合は違うようですね。 犬の胃潰瘍の原因は、肥満、・・・

悪性黒色腫(メラノーマ)

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)についてです。 【原因】 犬の悪性黒色腫(メラノーマ)の原因についてですが、メラニンという色素を作る細胞が、ガン化することで発症します。 【特徴】 ・・・

皮膚組織球腫

犬の皮膚組織球腫についてです。 【原因】 皮膚組織球腫の原因については、はっきりとしたものが解明されていません。 【特徴】 1歳くらいの若い犬に多く見られる病気です。 ・・・

肛門周囲線腫

犬の肛門周囲線腫についてです。 【原因】 肛門周囲線腫の原因は、男性ホルモンが大きく関係していることがわかっています。 【特徴】 去勢をしていないオス犬、特に老犬に多く発症・・・

線維肉腫

犬の線維肉腫についてです。 【原因】 犬の線維肉腫については、今の段階でははっきりとしたものはわかっていません。 【特徴】 線維肉腫は比較的高齢の犬に多く発症します。 ・・・

リンパ腫

犬のリンパ腫についてです。 人間にリンパ腫と同じで、犬にもリンパ腫があります。 リンパ肉腫とも呼ばれています。 【原因】 リンパ腫の原因については、現段階でははっきりと解明・・・

霰粒腫

犬の霰粒腫についてです。 【原因】 霰粒腫は、「さんりゅうしゅ」と読みます。 霰粒腫の原因は、瞼の裏にあるマイボーム腺という部分に、分泌物などが溜まってしまう事で炎症が起きた時、・・・

骨肉腫

犬の骨肉腫についてです。 骨肉腫は、骨にできるガンのことです。 【原因】 骨肉腫の原因については、今のところはっきりとした原因はわかっていません。 【特徴】 大型犬の・・・

脂肪腫

犬の脂肪腫についてです。 【原因】 犬の脂肪腫は、皮下組織に脂肪が固まり、長い時間をかけて腫瘍化していく病気です。 はっきりとした原因については、解明されていません。 【特・・・

ネフローゼ症候群

犬のネフローゼ症候群についてです。 【原因】 ネフローゼ症候群の主な原因は、腎臓の病気です。 この他にも、糖尿病、白血病、腫瘍、感染性の病気、腎臓に負担がかかる薬の服用等が原因に・・・

ホーナー症候群

犬のホーナー症候群についてです。 【原因】 ホーナー症候群というのは、見た目が変わってくることから、目の病気と思われがちですが、実は眼ではなく、眼の周りにある迷走神経の異常が原因なので・・・

前立腺肥大

犬の前立腺肥大についてです。 【原因】 犬の前立腺肥大の原因は、はっきりとしたものはわかっていないものの、オス特有の病気であることから、男性ホルモンが大きく関係していると考えられていま・・・

アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎についてです。 【原因】 人間のアトピー性皮膚炎とほぼ同じと考えていいでしょう。 アトピー素因のある犬に発症する皮膚病で、ハウスダスト、花粉、カビなどのアレル・・・