犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る


心室中隔欠損症


犬の心室中隔欠損症も病名からなんとなく想像できますね。

犬の心臓の病気です。

【原因】

心室中隔欠損症の主な原因についてです。

心臓には左心房、右心室がありますが、その左右を隔てている中隔という大切な組織があります。

母犬のお腹にいる間や、生まれてからの発育不全などで、この組織が十分に発育しない状態の時、本来右心室から左心室へと流れる血液が、逆に左心室から右心室へと流れてしまいます。

心室中隔欠損症の一番の原因は、先天的なものになるという事ですね。

【特徴】

心室中隔欠損症は、心室中隔の穴の大きさによっても症状が変わってきます。

小さい場合は無症状のことも多いようです。

柴犬に多く見られる病気です。

【症状】

心室中隔欠損症の症状は、次の通りです。

・発育不全。
・発育不良。
・咳をする。
・体重が増えない、または減っていく。
・食欲不振。
・呼吸が荒く苦しそうにしている。
・すぐに疲れてしまう。

【予防・治療方法】

心室中隔欠損症の原因が先天的なものであるので、確実な予防法はありません。

思い当たる症状がある場合には、早めに診察を受け、適切な治療を受けることが大切になります。

心室中隔欠損症の治療法についてです。

心室中隔欠損症という病気は、症状が軽いものから、重いものまであります。

これは、心室中隔の穴の大きさによって症状が変わってくるからです。

穴が小さく、特に症状がない場合は、特に治療はせず経過を見守ります。

穴が大きく症状も深刻な場合には、外科手術で心室中隔の穴をふさぎます。

発見が早ければ早いほど、適切な処置が出来るので、手術をしてもその後長生きしている犬もたくさんいます。

かなり症状が進み、心不全を起こしている場合には、強心剤や利尿剤を投与する内科的治療をします。

ただし、内科的治療は完治させるのではなく、進行を抑えることしかできません。

早期発見、早期治療が大切という事ですね。

関連コンテンツ

シュウ酸カルシウム結石

犬のシュウ酸カルシウム結石についてです。 【原因】 血液中のカルシウムが、シュウ酸と反応することで結石を作る病気です。 極度のストレスや、高タンパク、糖分の多いおやつの摂り過ぎで・・・

別離不安

犬の別離不安についてです。 【原因】 犬が飼い主と密着した生活をしていると、飼い主が外出している時などに、飼い主の姿が見えないことを不安に思い、長時間吠え続けたり、物を破壊するといった・・・

ミオクローヌス

犬のミオクローヌスについてです。 【原因】 犬のミオクローヌスの原因についてですが、はっきりとした原因は解明されていません。 今までのケースからすると、肝臓病や腎臓病などから来る・・・

ケンネルコフ

犬のケンネルコフについてです。 【原因】 ケンネルコフの原因は、飛沫感染です。 接触感染でもケンネルコフになるので、ペットショップでケンネルコフに感染する仔犬も多くなります。 ・・・

腸内寄生虫

犬の腸内寄生虫についてです。 【原因】 寄生虫に感染している犬の糞に接触することで感染します。 母犬が感染している場合は、胎盤感染することもあります。 【特徴】 腸内・・・

胸部良性腫瘍

犬の胸部良性腫瘍についてです。 【原因】 犬の胸部良性腫瘍の原因については、遺伝性、免疫不全などが考えられています。 他には、加齢や紫外線、発がん物質なども原因になることがありま・・・

乳腺腫瘍

犬の乳腺腫瘍についてです。 【原因】 乳腺腫瘍は犬の乳腺にしこりができる病気ですが、その原因についてははっきりとしたものが解明されていません。 しかし、乳腺腫瘍は性ホルモンに対し・・・

胃潰瘍

犬の胃潰瘍についてです。 【原因】 胃潰瘍は、私たち人間にもある病気ですが、人間の場合はストレスが主な原因となっていますが、犬の場合は違うようですね。 犬の胃潰瘍の原因は、肥満、・・・

悪性黒色腫(メラノーマ)

犬の悪性黒色腫(メラノーマ)についてです。 【原因】 犬の悪性黒色腫(メラノーマ)の原因についてですが、メラニンという色素を作る細胞が、ガン化することで発症します。 【特徴】 ・・・

皮膚組織球腫

犬の皮膚組織球腫についてです。 【原因】 皮膚組織球腫の原因については、はっきりとしたものが解明されていません。 【特徴】 1歳くらいの若い犬に多く見られる病気です。 ・・・

肛門周囲線腫

犬の肛門周囲線腫についてです。 【原因】 肛門周囲線腫の原因は、男性ホルモンが大きく関係していることがわかっています。 【特徴】 去勢をしていないオス犬、特に老犬に多く発症・・・

線維肉腫

犬の線維肉腫についてです。 【原因】 犬の線維肉腫については、今の段階でははっきりとしたものはわかっていません。 【特徴】 線維肉腫は比較的高齢の犬に多く発症します。 ・・・

リンパ腫

犬のリンパ腫についてです。 人間にリンパ腫と同じで、犬にもリンパ腫があります。 リンパ肉腫とも呼ばれています。 【原因】 リンパ腫の原因については、現段階でははっきりと解明・・・

霰粒腫

犬の霰粒腫についてです。 【原因】 霰粒腫は、「さんりゅうしゅ」と読みます。 霰粒腫の原因は、瞼の裏にあるマイボーム腺という部分に、分泌物などが溜まってしまう事で炎症が起きた時、・・・

骨肉腫

犬の骨肉腫についてです。 骨肉腫は、骨にできるガンのことです。 【原因】 骨肉腫の原因については、今のところはっきりとした原因はわかっていません。 【特徴】 大型犬の・・・

脂肪腫

犬の脂肪腫についてです。 【原因】 犬の脂肪腫は、皮下組織に脂肪が固まり、長い時間をかけて腫瘍化していく病気です。 はっきりとした原因については、解明されていません。 【特・・・

ネフローゼ症候群

犬のネフローゼ症候群についてです。 【原因】 ネフローゼ症候群の主な原因は、腎臓の病気です。 この他にも、糖尿病、白血病、腫瘍、感染性の病気、腎臓に負担がかかる薬の服用等が原因に・・・

ホーナー症候群

犬のホーナー症候群についてです。 【原因】 ホーナー症候群というのは、見た目が変わってくることから、目の病気と思われがちですが、実は眼ではなく、眼の周りにある迷走神経の異常が原因なので・・・

前立腺肥大

犬の前立腺肥大についてです。 【原因】 犬の前立腺肥大の原因は、はっきりとしたものはわかっていないものの、オス特有の病気であることから、男性ホルモンが大きく関係していると考えられていま・・・

アトピー性皮膚炎

犬のアトピー性皮膚炎についてです。 【原因】 人間のアトピー性皮膚炎とほぼ同じと考えていいでしょう。 アトピー素因のある犬に発症する皮膚病で、ハウスダスト、花粉、カビなどのアレル・・・