犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る


型別出産の特徴


犬にも色んな種類がありますね。

大きな犬、小さい犬、鼻の長い犬、鼻の短い犬、頭の大きな犬、胴の長い犬などなどたくさんの種類があります。

どんな犬種も命がけで仔犬を産む時、母犬は命がけで出産します。

出産させることになった場合には、事前に獣医師に相談し、予定日など確認しておくことも大切ですが、その犬種ごとの特徴や、注意するポイントなども飼い主さん自身が知っておくことも大切です。

例えば、チワワやヨークシャテリアなどの小型犬の中でも、特に体が小さくこぶりな子の場合には、お腹の中の仔犬の頭数によっては、帝王切開になることもあります。

1頭だけの場合には、仔犬の発育が良いので予想以上に子犬が大きくなっていることも珍しくありません。

この時、自然分娩では出産できないことも多いので、帝王切開の必要性も出てきます。

ミニチュアダックスでも、体が小さい母犬で仔犬が1頭で大きく成長している場合には、帝王切開になることもあります。

パグや、ブルドッグは難産になるので、帝王切開をする可能性の方が高くなります。

また、大型犬の場合には、仔犬の頭数も多いので、すべての仔犬が生まれるまでにはかなりの時間がかかります。

中型犬の場合は、比較的自力で出産できる子が多いのですが、出産は何があるかわかりませんので、常に飼い主さんが付いている必要があります。

大抵の場合は、出産が近くなったら、一度レントゲンを撮り、お腹の中の仔犬の数を確認しておきます。

出産自体は、母犬が命がけで頑張ってくれるので、飼い主さんは、犬にストレスを与えない程度の距離で温かく見守ります。

でも、出産後は飼い主さんの手助けも必要になるので、自分の飼っている犬種の出産の特徴を事前に確認しておくことが大切ですね。

出産は無事に終わるまで何があるかはわかりません。

予定日には、いつでもかかりつけの獣医師と連絡が取れるようにしておくことも忘れずに。

関連コンテンツ

犬の出産の注意点

犬の出産の注意点についてまとめてみましょう。 これから犬の出産を予定している人、またはこれから交配させて出産させようと思っている人へ。 犬の出産は、人間の出産と全く同じものだと思うので・・・

血統書の申請

仔犬が産まれてからも飼い主さんがやらなければいけないことは、山ほどあります。 その中の一つが、血統書の申請ですね。 純血種であれば、血統書を発行してもらえますので、飼い主さんは血統書の・・・

産後の母犬の状態

仔犬が無事に産まれても、それで終わりではありません。 母犬と一緒に飼い主さんも子育てを手伝ってあげないといけません。 出産後もしばらくの間、陰部からおりものが出て来るので、母犬の陰部を・・・

産後の管理

無事に仔犬が産まれても、これからが母犬、飼い主さん共に大変な毎日が始まります。 基本的に子育ては母犬がしてくれますが、毎日仔犬の体重を測りグラフにつけておきましょう。 仔犬の体重の増え・・・

緊急の介護が必要な場合

犬の出産は、必ずしも順調だという保証はどこにもありません。 緊急の介護が必要な場合について考えてみましょう。 まず、出産予定日を5日以上過ぎても産まれて来ない時には、できるだけ早く動物・・・

形成術

犬には色々な犬種がいて、生後すぐに断尾をする犬種もいます。 私個人の考え方としては、別に尻尾があっても特に困ることはないので、断尾は人間の身勝手で残酷な行為だと強い違和感を持っています。 ・・・

犬の分娩

交配から約60日前後で、いよいよ仔犬が産まれる日がやってきます。 (※60日というのは平均的な数字なので、これよりも早くなることもあれば、少し遅れることもあります。) 出産の兆候が現れ・・・

予定日を過ぎても産まれない場合

交配をさせてから、約60日前後で仔犬が産まれてきます。 しかし、必ずしも60日きっかりというわけではないので、交配してから仔犬が産まれてくるまでは個体差があると思っておきましょう。 2・・・

犬の出産予定日

犬の妊娠期間は個体差がありますが、だいたい58日〜63日だと言われています。 出産予定日は、交配させてから、58日〜63日後という事になりますね。 妊娠期間も産まれる頭数も、同じ母犬で・・・

産室の設置場所

産室の設置場所については、各家庭で犬が普段どういう暮らしをしているかにもよりますね。 大切なのは母犬が安心して出産できる環境を作ってあげることです。 室内犬、屋外犬によっても変わりますが、・・・

出産の準備

犬の出産予定日が近づいてきたら、少しずつ出産の準備を始めましょう。 まずは、出産の時はかなりお尻のあたりが汚れますので、毛の長いワンちゃんはあらかじめお尻の周りの毛を短めにカットしておくとい・・・

出産の兆候

交配後、約60日ほどで仔犬が産まれてきます。 出産予定日の少し前には、産室を用意しておきましょう。 全ての準備が整ったら、あとは可愛い仔犬が産まれてくるのを待ちます。 大抵の場合・・・

出産の対応

交配から約60日ほどで仔犬が産まれてきます。 出産前には準備を万全に整えておきましょう。 色々な方法があると思いますが、ここでは私が行った準備について紹介しておきます。 我が家の・・・

交配後の散歩

犬の交配後は着床するまでに、約2週間〜3週間くらいかかります。 この間はできるだけ、激しい運動や、階段の上り下り、ベッドやソファーのイスなどから飛び降りるようなことは避けておきたいですね。 ・・・

妊娠した場合

犬の場合、交配後約60日間の妊娠期間を経て、仔犬が誕生します。 交配後すぐに妊娠するわけではなく、着床するまでに約2週間〜3週間かかるので妊娠している期間自体はもっと短くなります。 と・・・

妊娠の兆候

犬の場合は、交配してから妊娠するまで、約2週〜3週間かかると言われています。 つまり、この時期は不安定な時期になるので、交配後はできるだけ激しい運動などは避け、軽く歩く程度の散歩にしておきま・・・

犬の発情時期を知る

犬の発情は、正確に言えばメスにあるものです。 オスは時期を問わず年中発情していると言われる事もありますが、これはちょっと違うようですね。 何もない状態ではオスは発情しません。 発・・・

犬の妊娠の仕組み

母親が身ごもるという意味では、犬も人間も同じなのですが、妊娠する仕組みについてはチョット違いがあります。 犬の妊娠の仕組みについて説明します。 人間と犬の妊娠の仕組みの大きな違いは、妊娠す・・・

交配が成功か失敗かの見分け方

犬だからと言って、交配しても100%成功する保証はどこにもありません。 犬同士の相性や、交配のタイミングなどによっては、失敗することも珍しくないのです。 また、犬にも想像妊娠というのが・・・

交配相手の探し方

愛犬に子犬を産ませたいと思った時、まず最初に行わなければいけないことは、犬の遺伝性の疾患に関することを調べることですね。 それをクリアしたことを前提に、交配相手の探し方について考えていきまし・・・