犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る

犬の疑問(飼育・環境編)

これもとても悲しい質問ですね。 その事情がどういう事情かにもよりますが、言葉は悪いですが、一度犬を飼うと決めたのなら事情があってもなんとか解決策をみつけ、最後まで面倒を見てほしいものです。 ・・・
海外では、自分のペットにペット用マイクロチップを付けるのがポピュラーになっていますが、これはマイクロチップに対する対応などが万全だからなのかもしれません。 ここ数年日本でも、少しずつマイクロ・・・
犬種によって被毛にも違いがあるので、被毛の特徴の違いという事になると思います。 犬を飼う時には、その犬種の被毛の特徴なども知っておくといいと思います。 例えば、ヨークシャーテリア、プー・・・
犬も仔犬から少しずつ成犬へと成長していく過程で、人間で言う反抗期のようなものがある時期があります。 犬の性格や、飼い主さんとの信頼関係がどの程度築けているかによっても違うかもしれません。 ・・・
結論から言うと、毎日シャンプーしても良い犬はいません! まず犬の皮膚は私たちが思っている以上に繊細で、デリケートだという事を理解してあげてください。 人間は毎日お風呂に入り、毎日シャン・・・
まずは犬の習性を勉強してみてください。 犬は本来群れで行動していました。 オオカミと同じですね。 ペットの場合は、家族を群れとみなし行動します。 飼い主が群れのリーダーとな・・・
真菌が原因でなる皮膚病や、耳のトラブルは犬種によってはかなり深刻になることもありますね。 真菌が原因の場合は、薬を飲ませると同時に、真菌を除菌する作用のある薬用シャンプーなども使う事がありま・・・
大型犬で体重も重く、毎日散歩に行くのなら、ある程度爪が削れるので、爪切りをしなくてもいい具合もあります。 でも、小型犬や室内で暮らす犬は、どうしても爪が伸びやすいので、爪切りは全くしないより・・・
個人的に声帯切除手術はとても、悲しく身勝手ことだと思います。 なぜ声帯を取ろうという発想になるのでしょうか? 犬が吠えるからですか? 犬は人間のように言葉を話すことができません。・・・
散歩の必要がない犬については、考え方も色々でしょう。 超小型犬の場合は、室内や庭で十分な運動をさせることができる場合、散歩に行かなくてもいいこともあります。 でも、散歩の目的は運動だけ・・・
散歩の途中で犬が歩かないようになった場合については、犬の年齢などにもよると思います。 仔犬や高齢犬の場合は、あまり無理に歩かせるのもよくないので、座り込み歩きたがらない場合は、無理に引っ張っ・・・
室内で犬と暮らしていると、きちんとトイレができるようになるまでには、色々と苦労もありますね。 一番憂鬱なのが、おしっこの臭いだと思います。 洗剤で洗ったり、水洗いができるものなら、おしっこ・・・
マイクロバブルと言っても色々な商品があります。 まず、マイクロバブル自体の意味ですが、簡単に言えば、とても小さい気泡のことです。 小さいといっても目には見えないくらいの、とても小さいも・・・
犬と猫を仲良くさせる場合、一番理想的なのは、犬と猫を仔犬と仔猫のうちに一緒にさせることですね。 もしくは、どちらかが成犬か成猫の場合、どちらか片方を仔犬か仔猫で対面させることだと思います。 ・・・
結論から言えば、猫がいても犬を飼う事はできると思います。 実際に先に猫を飼い、後から犬を飼った人もたくさんいます。 仔犬は見るものすべてに興味を持つので、当然猫がいれば、猫に興味を持ち・・・
愛犬と川遊びできる場所は、探せばいくらでもあります。 キャンプ場の近くに川があるところもたくさんあります。 アウトドア好きの飼い主さんなら、なおさらキャンプやバーべキューに行く時には、・・・
飼い主さんのライフスタイルによっては、夜しかお散歩に行けない場合もありますね。 夏の暑い時期には、日が落ちて涼しくなる夜に散歩に行くこともあるでしょう。 車が1台も通らないような安全な・・・
犬種にもよりますが、毛玉ができたからと、根元からざっくりカットしてしまうと、そこだけ禿げたようになり、毛が生えてこなくなることもあるので注意が必要です。 大抵の場合はまたすぐに毛が生えて元通・・・
犬に人間のシャンプーを使うことは、絶対にやってはいけないことと覚えておきましょう。 まず人間と犬は皮膚も毛質も全く違います。 私たちが思っている以上に犬の皮膚というのは薄くデリケートで・・・
歯石については人間と全く同じと考えてみてください。 犬もできれば毎食後は無理でも、1日1回は歯磨きの習慣をつけてあげたいですね。 歯石と言うのは、いきなり歯石ができるわけではなく、食事のあ・・・
結論から言えば、小型犬の場合でも散歩は必要です。 しかし、犬種によっては、庭や室内で十分な運動ができれば散歩に行かなくてもいい犬種もいます。 ですが、散歩に行くという事はただ運動をさせ・・・
理想を言えば、3ヶ月〜6ヶ月でも全く問題ないと思いますし、そのくらい母犬や兄妹犬と過ごした方が、健康面でも丈夫な仔犬が育つのでいいと思っています。 ブリーダーさんによっても違いがありますが、・・・
一般的に犬が快適と感じる温度は、20℃〜28℃と言われていますが、一説には15℃〜20℃という説もあります。 これは季節によっても変わりますし、室内犬、室外犬など飼育環境によっても変わってき・・・
人間もそうですが犬は特に、住み慣れた環境から新しい環境へと変わる時、注意することがあります。 私も一度家を建て替えた時に、仮住まいに行き、再度新しい家に引っ越した経験があります。 その・・・
1ヶ月の犬の飼育費用については犬の大きさによって、食べるドッグフードの量も違いますし、病気予防の薬の量も体重によって費用が違うなどもあるので、一般的には大型犬になるほど1ヶ月あたりの飼育費用は高く・・・
海外から犬を購入する場合の費用については、どこの国からかによっても違ってくるので、はっきりいくらと言えないですね。 まず、海外から動物を連れてくる場合については、税関のことを調べた方がわかる・・・
犬を家族として迎え入れる時には、仔犬を探すだけとは決まっていません。 事情があって新しい飼い主を探している犬たちの里親になるという方法もあります。 繁殖リタイア犬の里親になるというのは・・・
仔犬はとても成長が早いので、1週間でもかなり成長していると実感できます。 もしもそのペットショップが、きちんと仔犬に十分な栄養を与え、環境も清潔にしているのなら、ある程度大きくなってしまうの・・・
赤ちゃんが一緒いても犬を飼う事ができるかどうかについては、家庭環境としつけがきちんとできるかどうかによると思います。 比較的性格が温厚で人なつっこく、あまり神経質にならない犬種ならば、子供と・・・
まず、何に対してアレルギーがあるかによっても、犬を飼う事ができるかどうか変わるのではないかと思います。 犬の毛や、ハウスダストに対してのアレルギーならば常に部屋に掃除機をかけたり、こまめに掃・・・
何かの病気があってそれが心配だったり、原因になり犬を飼うかどうか悩んでいるのなら、まずは担当医の先生に相談してみるのが一番なのではないでしょうか? 喘息と言っても色々な症状がありますよね? ・・・
これについては、アトピーの原因(アレルゲン)にもよるのではないでしょうか? もしも犬の毛が原因になっているのなら、犬を諦めた方がいいと思います。 無理して犬を飼い、アトピーが酷くなり犬を手・・・
留守にしている時間があっても犬を飼う事はできると思います。 これも、飼い主さんの心がけ次第ではないでしょうか? しかし、どんなに賢いと言われている犬種でも、飼い主さんがしつけをし、何が・・・
共働きでも結論から言えば、犬を飼う事はできると思います。 一人暮らしの時と同じように、飼い主さんの心がけ次第という事になると思います。 共働きでも、どちらか早く帰れる方が食事を与え、散・・・
これもよくある質問ですね。 答えから言えば飼う事は可能だと思いますし、実際一人暮らしで犬を飼っている人もたくさんいます。 でも、何かあった時一人暮らしだからというのは理由にはならないし、飼・・・
室内犬と室外犬は、どちらが飼いやすいかについても、家庭環境で変わってくると思います。 でも、最近は大型犬でも室内で飼う人が増えてきていますね。 個人的な考えですが、スペースの確保ができ・・・
オスとメスどっらを飼うかは飼い主さんの好みにもよると思いますし、犬にも個体差があるのではっきりとは言い切れない部分もあります。 一般的には、オスのほうがおっとりしていて、メスの方がチョット気・・・
飼いやすさというのは、どういう面にポイントをおくかによっても変わってきます。 例えば、毛の手入れが楽な犬種。 賢く物覚えもよく、あまり吠えない犬種。 長時間の散歩をしなくてもいい犬種・・・
初めて犬を飼う時には不安もありますが、ワクワクするような気もしますね。 犬にも色々な犬種がいます。 中にはとても病気になりやすい犬種もいますし、きちんと訓練を受けさせる必要がある犬種も・・・
まずは、犬を飼うという事を軽く考えないでほしいと思います。 犬種によっても違いはありますが、約10年以上一緒に暮らすことになります。 一つの命の責任を負う事と真剣に考えることができます・・・

カテゴリー「犬の疑問(飼育・環境編)」のトップへ↑