犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る

犬の疑問(病気・健康編)

一言で犬のワクチンと言っても、いくつか種類があります。 その種類について見て行きましょう。 まずワクチンには単体ワクチンと、混合ワクチンの2種類のワクチンがあります。 病気予防のこと・・・
犬がよだれを垂らす時は、ごちそうや大好物を目の前にして、マテをしている時か、もしくは何かの病気の症状の場合が考えられます。 どこにも異常がない場合は、犬種によってマズルや下くちびるの特徴から、よ・・・
犬も年を取れば、老化が進みますので、体のいたるところに老化現象が表れてきます。 犬の認知症の原因を考えた時、脳の委縮、脳の神経に毒性の物質が沈着することもあり、このことが原因で認知症になるとも言・・・
犬もコレステロールが高ければ健康に問題が生じてきますね。 人間の場合で考えてみましょう。 コレステロールが高めだと言われた時、カロリー控えめの食事に切り替え、カロリーを考えた食事を心がける・・・
犬の強制給餌とは、名前の通り強制的に食事を食べさせることです。 一見残酷なことのように思う人もいるかもしれませんが、食事ができない状態が続くと生命の危機に関わります。 色々なケースがありま・・・
犬の延命治療は、とても難しい問題ですね。 実際に自分がその場に直面したら・・・どういう風にすればいのか決断できる自信がありません。 犬は言葉を話せませんし、自分がどうしたいかを決めることが・・・
犬の歯に付いた歯石を取る方法は、人間と同じようにスケーラーという器具を使って取っていきます。 飼い主さんや、獣医さんに口や口の中を触られてもおとなしくしていることができるのなら、手動で行うスケー・・・
犬だからと考えるとなんだか難しいことのように思えることも、人間に置き換えて考えると意外とシンプルでわかりやすい場合があります。 私たち人間が長生きしたいと思うのなら、日ごろの健康管理をしっかりと・・・
犬の交配が病気予防になるかは、メス犬によく言われることですね。 一度でも出産を経験している犬は、出産未経験の犬に比べると、子宮なども病気になる可能性が低くなると言われているようです。 しか・・・
手術後のケアについては、受けた手術が大掛かりであれば、ある程、傷口も大きくなるでしょうし、犬の体にかかる負担も大きくなります、 当然、完治するまでに時間もかかりますので、手術後は人間と同じように・・・
動物病院で犬が治療や手術を受ける時に、実際にいくらかかるのかというのは、とても気になる問題の一つですね。 インターネットでも、掲示板などでよく手術費用に関する質問をしている人を見かけます。 ・・・
犬の心臓の手術費用も、各動物病院によって全く金額が違うので、いくらかかるかは直接かかりつけの動物病院で聞くのが一番いいと思います。 ただ、心臓の手術ともなればかなり大がかりな手術になることが多い・・・
犬が病気になったり、怪我をした時にはかかりつけの動物病院で直接費用などを聞くのが一番いいと思います。 動物病院は、人間の病院のように保険制度がないため、治療費や手術、入院費用などは全て自費負担に・・・
犬の避妊・去勢手術の費用も、各動物病院によって違うので、いくらだと言い切ることはできません。 住んでいる地域によっては、犬の登録、狂犬病の予防接種をしている場合に、地域の市町村の役所から補助・・・
犬の乳腺腫瘍の手術代は、各動物病院によって料金設定が違うので、一概に「いくらです」とは言い切れません。 かかりつけの動物病院か、何件かの動物病院に直接問い合わせて聞いてみるのが一番確実だと思・・・
ロンパリというのは、斜視のことを言いますね。 通常はまっすぐ向いている眼球が、どちらか片方違う方向を向いている状態と言えばわかりやすいでしょうか。 人間の場合は、焦点があっていないため、視・・・
現在のところ、日本では毎年1年に1回のワクチン接種をするというのが一般的になっていますね。 しかし、アメリカではワクチン接種は3年に1回とされ、それが一般的になっているようです。 国が違え・・・
まず、犬も人間もアレルギーに対する考え方は同じだと思いましょう。 アレルギーと言うのは、個体の持っているアレルゲンに反応し、それが体内に入った時に免疫機能が過剰に反応してしまい色々な症状が出・・・
犬にも犬種によってアレルギーを起こしやすい、アレルゲンがあると言います。 アレルギーの原因は、アレルゲンが体内に侵入した時、それを排除するために免疫機能が働くのですが、免疫機能に異常がある時・・・
結論から言えば、犬にも花粉症はあります。 ただし、人間の花粉症とは少し症状も違ってきます。 場合によっては、人間よりも犬の方が辛い思いをしているのかもしれません。 人間の場合、花・・・
犬も年を取ってくると、人間と同じようにあちこちにガタがきます。 当然、身体機能が衰えてくるので、病気になる可能性も高くなってきます。 体力も低下してくるので、若かった頃のように元気に飛・・・
避妊手術や去勢手術については、飼い主さんの考え方も色々あると思うので、私の経験したことをお話しておきますね。 私も以前は、避妊手術や去勢手術は必要ないという考えを持っていました。 「持・・・
犬の鼻が変色した場合は、いくつかの原因が考えられると言われています。 一つは、ウィンターノーズ(スノーノーズ)と言って、冬季になると鼻の色が変色します。 冬の間はどうしても日光浴が十分・・・
犬の偽妊娠は、人間で言う想像妊娠と同じ状態と考えれば良いでしょう。 ただし、人間とは若干違いがあります。 人間は自分で望み妊娠したいと希望しますが、犬の場合は自らの意思で妊娠したいと思・・・
犬も人間と同じように、傷んでいるものを食べたり、食べ合わせが悪い時には食あたりを起こします。 この場合は何を食べたかにもよりますが、食あたりを起こした場合の症状も人間と同じように、嘔吐と下痢・・・
犬が毛虫を踏むことは、春から初夏にかけて毛虫が大量に発生した時、よくあることですね。 もしも犬が毛虫を踏んでしまった場合には、人間で言えば裸足で毛虫踏んでしまったのと同じ状態なので、そのまま・・・
犬の呼吸が早い場合は、その前後の状態にもよると思います。 散歩の後や、運動をした直後はどうしても息が荒くなり、呼吸も早くなりますね。 十分にお水を飲ませて、ゆっくりと休ませれば呼吸も元・・・
お散歩で草むらや茂みに入ったり、アウトドアでキャンプにいったり、川で泳いだりが大好きなワンちゃんもいると思います。 こうい時、思わぬお土産として、マダニを拾ってきてしまう事があります。 マ・・・
まず、こぶと決めつけるのではなく、それがいったいなんなのかを確認することが大切です。 こぶのように思えたり、見えたとしても、もしかしたら腫瘍である可能性も否定できませんね。 腫瘍の場合は、・・・
メスの発情の時に陰部が膨らんだようになります。 犬にも個体差があるので、発情が終わってもすぐに陰部が元の大きさに戻るとは限らないのです。 1ヶ月程度で、腫れて膨らんでいた陰部が、ほぼ元の大・・・
犬が脱水症状になるにも、色々な原因があります。 何かの病気で、嘔吐や下痢を繰り返していると脱水症状になることもあります。 熱中症や熱射病で、脱水症状になることもあります。 脱水症・・・
犬は言葉で何かを伝えることができないので、突然、痙攣(けいれん)した場合はどうしていいかわからず、慌ててしまったり、パニックになってしまう事もありますね。 犬だからではなく、人間に置き換えて・・・
後ろ足だけが震える場合は、関節や神経に異常がある場合も考えられます。 犬の年齢や体格にもよりますが、激しい運動をした後に震えることもあるので、震える前後の状況や、どういう時に震えるのかによっても・・・
犬の足が震えるというのにも、いくつか原因が考えられます。 痛みがあって震えることもあれば、恐怖や不安を感じて震えることもあります。 人間と同じように寒くて震えることもあるので、まずはな・・・
足や関節に異常がある時、ビッコをひいたり、足を引きずるようなしぐさを見せることがあります。 後ろ脚の場合は、ヘルニアなどを疑う場合もあるようですが、前足の場合は異常があるからという理由の時もあれ・・・
犬に噛まれることは、犬と暮らしている人なら誰でも遭遇する可能性があります。 自分の犬ならば、きちんとしつけをしておくことで、噛まれることも防げますが、他の犬にかまれるという事もあると思います・・・
犬の乳にしこりがある場合も、まず病院に行き獣医さんに診てもらうのが一番いいと思います。 しこりにも、良性のものと悪性のものがあります。 見た目や触った感触だけでは判断できないので、組織・・・
まず、どこの部分にせよ、赤くなって腫れているのなら、何かしら炎症を起こしているという事ですね。 こういう場合は、原因を確かめ、それに応じて適切な治療や処置をすることが先決です。 犬のお・・・
犬のホルモンバランスが悪い時、考えられる原因もいくつかあります。 一つは、副腎皮質機能亢進症などの病気の場合ですね。 クッシング症候群と呼ばれることもあります。 この場合は、食事・・・
犬の肉球にいぼがある場合は、たんなるイボなのか腫瘍なのか、素人では判断できませんので、動物病院で診てもらうようにしましょう。 犬にも色々な体質があり、イボのようなものができやすい子もいますね・・・
犬の肉球の間が赤い場合には、まず何よりもすぐに動物病院に連れて行くのが一番いいと思います。 赤くなっているということは、何らかの炎症を起こしているという事です。 炎症を起こしている場合・・・
犬は舐めることで、毛づくろいをしているので、ある程度舐めるのは異常ではないと思います。 ただし、あまりにも長時間足の先を舐め続けて、炎症を起こすほどだと、それをやめさせないといけません。 ・・・
犬が砂利を食べる場合は、いくつかの原因が考えられますね。 まず、犬が砂利を食べて困っているのなら、食べられないように、犬の周りから砂利をどかしてみてはいかがでしょうか? 原因が何であれ・・・
犬が草を食べることについては、はっきりとした原因がわかっていないようですね。 でも、実際に多くの犬が散歩の途中で、道端に生えている雑草のような草を食べたがることがあります。 でも、これ・・・
確かに犬もいびきをかくことがありますね。 でも、犬種によってはいびきをかきやすい犬種もいるので、犬を飼う前にそういう特徴などもしっかりと確認しておくことが大切ですね。 ブルドッグ、パグ・・・
犬が痰を吐いた場合には、吐いたものを持って、動物病院に行き、確かめてみるのが確実です。 それが、痰なのか、他のものであるのかは獣医さんでなければ、詳しいことはわかりません。 もしかした・・・
我が家の犬も、たまにくしゃみをすることがあります。 犬のくしゃみにも色々な原因が考えられます。 人間同様にアレルギー反応を起こしてくしゃみをすることもあれば、鼻がムズムズとしてくしゃみ・・・
犬が咳をするのは、必ず何か原因があるはずです。 この場合も、まずは動物病院に行きその原因を確認し、原因に応じた治療をするのが一番なのではないかと思います。 犬の咳にも色々な原因が考えら・・・
皮膚や皮膚の内側、耳の中などが赤い場合は、何らかの炎症を起こしていることが考えられます。 人間でも同じですね。 何でもない状態の時は赤くなったりしませんが、炎症を起こした時には、その部・・・
犬が耳を気にしたり、痒がる場合は、何かが原因で耳にトラブルや炎症が起きていると考えられます。 犬の耳は、立ち耳と垂れ耳の2種類ありますが、それぞれに耳の病気やトラブルがあるので、注意しておき・・・
犬の生理は病気というわけでないので特に治療を必要としないので、それほど心配することはないと思います。 ただし、多頭飼いでオスが一緒にいる場合には、別々のサークルに入れるなど、安易な交配をしな・・・
犬の歯茎が白い時は、貧血を起こしていることが考えられます。 この時、元気もなく食欲もないことが多いので、いつもと様子が違うと感じた時、歯茎の色を見るというのも、一つの目安になります。 ・・・
犬も人間と同じように、食べたら歯を磨くのが理想です。 毎日食事をすれば、当然食べカスも付きますし、歯垢もたまっていきます。 これをそのままにしておけば、人間と同じように歯垢から歯石にな・・・
まずは、犬の肛門腺について知っておくことが大切です。 犬の肛門の周りには、独特の匂いを出す肛門腺というのがあります。 これは犬ごとに匂いが違うので、犬同士が個体を識別する時にも役に立ち・・・
まず、出血があるという事は普通の状態ではないという事は、わかりますね。 この場合、どうするのが一番いいと思いますか? 私なら、まず動物病院に連れて行き、状態を説明して、診察なり検査をしても・・・
意外に思う人もいるかもしれませんが、犬も便秘をすることがあります。 大抵の場合は、食事の内容や、トイレの環境などが原因になっているので、まずはそこから改善していくのが一番いいと思います。 ・・・
犬がと考えると、難しく思えることも、人間に置き換えて考えると意外とシンプルでわかりやすい場合があります。 もしも、人間で血便が出た時、まずは病院に行きそのことを話し、診察なり検査を受けますね・・・
下痢も、嘔吐と同じで病気の症状の一つになることがあります。 何もない健康な状態で、下痢をすることはまずないと思います。 下痢にもいくつか段階がありますが、下痢をするという事は必ず原因がある・・・
犬が嘔吐をするという事は、必ず何か原因があります。 嘔吐物の色で、何かを判断するのは難しい場合もあるので、この場合はまず嘔吐物を持って、動物病院に行くのが一番いいのではないでしょうか? ・・・
嘔吐をするという事は、必ず何か原因があるので、まずは動物病院に連れて行くことをオススメします。 一応考えられる原因としては、嘔吐したものが黄色い泡のような場合は、お腹がすきすぎて胃液を吐いている・・・
犬の歩き方がおかしい場合も、必ず何か原因があるはずです。 何もないのに、突然歩き方がおかしくなるという事はありませんね。 犬は人間のように、どこが痛い、あそこが痛いなど言葉で訴えること・・・
犬と考えずに、もしも自分やその家族に同じ症状が出たと、考えてみてください。 朝起きて、目の色がおかしいと思ったら、まずどうしますか? 大抵の場合は眼科を受診し、原因を調べるなり、検査や・・・
まず、犬の体は私たち人間が思っている以上に、とてもデリケートだという事を理解していたいですね。 目も同じように、とてもデリケートな部分です。 充血している場合は、色々な原因が考えられる・・・
めばちこ、というのはものもらいのことですね。 目に突然出来てしまう、触ると痛いものです。 犬にも、同じようにめばちこ(ものもらい)ができることがあります。 人間の場合と同じように、手・・・
犬にとって食欲と元気というのは、ある意味健康のバロメーターのようなものと思っています。 急に元気がなくなった時というのは、必ず何か原因があるはずです。 考えられる原因としては、何かの病・・・

カテゴリー「犬の疑問(病気・健康編)」のトップへ↑