犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイトのTOPに戻る

犬の疑問(その他)

私の友人が以前に犬を飼うことになり、集合住宅に住んでいることもあり、あまり吠えない犬はいないかと探したことがありました。 調べてみたところ、バセンジーという犬種は、吠えないことで有名だそうで・・・
番犬と言うイメージで思い浮かぶのは、ドーベルマンだったりします。 ロットワイラーも映画では番犬としてよく登場しますね。 見た目の迫力で言えば、シェパードも警察犬として勇敢に犯人に立ち向・・・
現在のギネス記録では、オーストラリアに住む、オーストラリアンケルビーの21歳3ヶ月だそうです。 記録によると、これよりも長生きの、29歳5ヶ月生きた犬もいると言うのですから驚きました。 ・・・
私の知る限りでは、アイリッシュウルフハウンドか、グレードデンがこの世で一番大きな犬だと思います。 犬の図鑑などには、世界一大きい犬はアイリッシュウルフハウンドとされていますね。 しかし・・・
一般的に犬は賢い動物であると言われていますが、最初から賢い犬と言うのは滅多にいないのではないかと思います。 人間もそうですよね。 頭が良いと言われる人達は、生まれ持った才能なども関係し・・・
アメリカや香港、グアムなどの海外では、競馬のようにドッグレースと言うのが開催されています。 このドッグレースで活躍している犬であるグレイハウンドこそ世界最速の犬です。 グレイハウンドの・・・
帰って来ても喜ばない犬がいるのは、結論から言うと、犬の性格によるものだと思います。 全ての犬が、飼い主さんの帰宅を喜び、それを全身で表現するとは限らないのです。 犬にも色々な性格があり・・・
興奮しやすいかどうかについては、犬種というよりも、犬の年齢や性格によると思います。 仔犬は見るもの聞くもの初めてのものばかりで、好奇心旺盛なので、毎日が発見であり嬉しい事があったら、思わずは・・・
トイプードル、シーズーは抜け毛が少なく、性格もいいので飼いやすい犬として知られています。 ヨークシャーテリアも、チョット気難しい面がありますが、見た目のイメージとは違い抜け毛は少ないので、そ・・・
ペットブームが続く中、人気の犬種の頭数は増える一方ですが、ペット先進国の海外に比べると、珍しく日本ではお目にかかれない犬種などもたくさんいます。 当然、日本にもいない場合には、入手困難になり・・・
人とは違った、あまり飼育頭数の少ない犬種をあえて飼いたいと思う人もいるようですね。 人と同じでは、嫌だからという理由もあるようです。 確かに珍しい犬種を連れて歩けば、注目されますし、話・・・
おとなしく賢い犬の定義付けですが、どんな犬も最初からおとなしく、賢いわけではありません。 飼い主さんがしっかりとしつけをして、色々なことを根気よく教えて、初めて物事を覚えていくのです。 ・・・
犬が寒がりかどうかは、犬の被毛の種類や、生活環境にもよると思います。 北極のような極寒の地で、そり犬として活躍している犬たちは、吹雪の吹く外でも丸くなり背中に雪が積もった状態でも凍死すること・・・
犬に噛まれた傷は治りにくいとは、よく言われている話ですね。 我が家の犬たちは普段はとても仲がいいのです。 でも、ヒートが来た時などは、ちょっとピリピリとしてしまうからでしょうか? ・・・
以前、テレビでテレパシーで犬と会話する人を見たことがあります。 家族しか知らない家庭の事情などを、その日初めて会った外国の女性が言い当てていました。 犬に関するエピソードや、家族しか知・・・
犬のキアリ奇形とは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルという犬種に多いとされている犬の病気のことです。 どういう病気かと言うと、脳の小脳の奇形で、髄液の流れを妨げてしまうため、髄液が・・・
犬の賠償責任保険はは、ペットのために加入するペット保険とは違い、どちらかというとペットを飼う飼い主さんに必要な保険と言っていいかもしれません。 例えば、飼っている犬がよその人を噛んで傷つけた・・・
権勢症候群は、アルファシンドロームと呼ばれることもあります。 犬と言うのは元々、群れで生活をしていました。 群れには必ず絶対的な存在であるリーダーがいます。 犬を家族の一員として・・・
JKCと言うのは、ジャパンケンネルクラブの事を言います。 英語表記の場合は、「Japan Kennel Club」となるので、その頭文字をとり、JKCとされています。 JKCは何をする・・・
人間の場合ならば、49日が過ぎたら納骨をしますね。 でも犬の場合は、こういう決まりがないので、いつという期限も特にありません。 ペット霊園で火葬してもらう事もできますが、合同葬の場合には、・・・
ペット霊園とは、その名前の通りペットのための霊園です。 ペットが亡くなった後に、集合住宅の場合は庭に埋めると言う事ができませんし、亡骸をそのままにしておくこともできないため、ペットが亡くなっ・・・
スリングバッグと言うのは、どこかに出かける時に犬を入れて持ち歩く斜めがけのキャリーバッグのことです。 初めて犬を飼う人にも、斜めがけができて安定感があることから、安全に犬を運ぶことができます・・・
ラッピングと言うのは、プレゼントや贈り物をキレイに包むことを言いますが、犬のラッピングも同じような意味を持っているのかもしれませんね。 とは言え、犬を包装紙でキレイに包むと言う訳ではありませ・・・
プラッキングと言うのは、トリミングの手法の一つで、硬い毛をしている犬種にのみ必要になります。 プラッキングは、毛を引き抜くことで毛根を刺激して、さらに硬く丈夫な毛を生やす目的があります。 ・・・
仔犬のことをパピーと言います。 パピートレーニングとは、仔犬のうちから始めるしつけのことです。 犬のしつけは、ある程度大きくなってから始めてもいいのです。 でも、パピートレーニン・・・
パブロフの犬は、世界的にも有名な条件反射の実験の代名詞になっていますね。 現在のロシアが、ソビエト連邦と呼ばれていた1900年の初期にロシアの生理学者で、イワン・パブロフと言う人が、ある実験・・・
ワーキング・ドッグもネーミングから、なんとなく想像できますね。 働くという意味を持っているので、ワーキング・ドッグは作業犬とも言われています。 比較的体の大きい犬種が、ワーキング・ドッ・・・
ハーディング・ドッグは、牧場などで活躍している犬たちのことを言います。 牧羊犬、牧畜犬という言い方もされていますね。 家畜の群れをまとめるのは、牧羊犬。 オオカミなどの害獣から羊・・・
ハウンド・ドッグと言うのは、猟犬の仲間で、獣猟犬のことを言います。 鳥を追う狩猟犬を鳥猟犬と言うのに対し、ハウンド・ドッグは獣猟犬になります。 ダックスフンド、ビーグル、アフガンハウン・・・
犬の種類で、バーニーズ・マウンテン・ドッグという犬がいます。 バーニーズの相性でも親しまれている大型犬の中でも人気の犬種になります。 バーニーズの祖先たちは、スイスの山奥で牧羊犬や農産・・・
ノン・スポーティング・ドッグは、ネーミングからなんとなく想像できると思います。 ノン・スポーティング・ドッグをわかりやすく言えば、伴侶犬ですね。 反対の意味で、スポーティング・ドッグと・・・
トイ・ドッグは、愛玩犬という呼ばれ方もあります。 直訳すると、おもちゃという事になってしまいますが、これはそういう意味ではないので、くれぐれも勘違いしないようにしてくださいね! 比較的・・・
チャンピオン・ラインズとは、ドッグショーで優勝したチャンピオンの血統のことです。 血統書にも、チャンピオンの血統であるかどうかの記載があるので、チャンピオン・ラインズの場合はすぐにわかるよう・・・
ドッグショーと言うのは、わかりやすくいうと「犬の品評会」です。 犬の姿形、被毛、骨格、など犬種ごとに各犬種によって定められた基準に基づき、審査をしていくものです。 ドッグショーは日本の・・・
ロングコートとは、ショートコートと同じように、被毛の種類ですね。 その名の通り長めの毛足が特徴的です。 ロングコートと言っても、ストレートでサラサラの被毛の犬種もいれば、毛先がカールしてい・・・
一瞬、短めのコートと思った人は、残念ながら不正解です。 ショートコートと言うのは、被毛の呼び名で、一番わかりやすいのがシベリアンハスキーかもしれませんね。 チワワやダックスのように、被毛に・・・
スムースコートと言うのは、被毛の種類のことを言います。 短くてとても滑らかな被毛のことをスムースコートと呼びます。 しかし、パグやミニチュアピンシャーのように、元々その種類の被毛だけの場合・・・
よく耳にする純血種と言う意味について考えてみましょう。 まず最初に、辞書で「純血」について調べてみました。 辞書から引用しますと、「同種の動物の雌雄間に生まれたもの、純粋な血統」とありまし・・・
クリッピングとはトリミング用語で、犬の毛をバリカンで刈り、キレイに形を整えることを言います。 短めに毛をカットすると言う意味もあるようですね。 わかりやすく言えば、サマーカットや丸刈り・・・
カーミングシグナルというのは、犬が行うボディランゲージのことです。 犬は元々群れで生活をしていましたね。 群れで暮らす動物は、争いごとを避けるため、トラブルになりそうな時、自分には敵意・・・
エリザベスカラーと言うのは、犬が手術をしたり、怪我をしたりした時に、首に巻くものです。 皮膚に炎症を起こした場合などにも使われることがあります。 ネーミングの由来は、エリザベス1世の肖・・・
アジリティーと言うのは、飼い主さんと犬チームになって参加する障害物競走のようなものです。 障害物競走と言っても、皆がスタートラインに並び、いっせいに「よーいドン!」とスタートするのではなく、・・・
犬種によってよく吠えると言われている犬種もいますが、吠えないと言われる犬種でも、しつけや飼育環境次第では、よく吠える犬になってしまいます。 番犬として飼われているのに、人が大好きで全く吠えな・・・
動物愛護法という言葉は聞いたことがありますが、実際にその内容についてはよく知らないという人も多いと思います。 こういう時は、まず「wiki」を見てみましょう。 「wiki」によると、動・・・
犬だけでなく、人間でも雷は怖いものですね。 実際に私も雷が大嫌いです(笑) 犬の中にはただ怯えて震えるだけでなく、パニックを起こして泡を吹いて倒れてしまったり、呼吸困難になったりするこ・・・
例えば、ドーベルマンやミニピンのピンと立っている耳は、生まれつきのものではなく、断耳をして人が形作ったものなのです。 コーギーなど、尻尾の短い犬も生まれつき尻尾がないのではありません。 ・・・
犬が交通事故にあった場合は、怪我の状態にもよりますが、とにかく一刻も早く動物病院に連れて行き、検査や治療を受けさせることが先決です。 もしも自分の犬が交通事故にあった場合には、相手の連絡先、・・・
まず、理由はなんであれ、自分の犬は他人を噛んでしまった場合には、飼い主さんは、犬に噛まれた人と一緒に、最寄りの市町村の保健所、かかりつけの動物病院、動物愛護センターなどに届け出をします。 正・・・
仕事で海外赴任をしたり、海外に移住することになった時、愛犬を一緒に連れて行くという事もありますね。 犬は飼い主さんと一緒に、飛行機に乗ることができません。 ケージなどに入れられ、一応空調な・・・
犬と暮らしていると、気軽に泊りがけの旅行に行くという事もできなくなります。 ペットホテルに預けて自分だけ旅行に行くという人もいますが、なかなかそれも難しいこともありますね。 国内旅行で・・・
残念なことに日本の法律では、犬は物として扱われてしまいます。 大切な家族の一員を物として扱うとは・・・何ともお粗末な法律ですね。 抗議をしたくもなってしまいますが、現状では犬が迷子にな・・・
もしも愛犬が迷子になってしまったら・・・どうしていいかわからず慌ててしまいますね。 とりあえず近所を探すという事もできますが、まず最初に動物保護管理センターや保健所、警察などに連絡を入れ、犬が迷・・・
結論から言って、犬にもハウスダストは関係あります。 犬にも色々なものに対するアレルギーがあり、人間と同じようにハウスダストや花粉にアレルギーを起こすことがあります。 この場合は、ホコリやダ・・・
純血種であれば、必ず血統書があります。 この血統書には、飼い主さんが名付け、親しみを込めて呼ぶ名前の他に、血統書に記載される名前というのも存在するのです。 この血統書に記載記される、ちょっ・・・
この質問に対する答えは「YES!!」です。 盲導犬というのは、目の不自由人の大切なパートナーであり、一般的なペットとは少し事情が違うのです。 目の見えない人の代わりに、その人の目となり危険・・・
犬好きにとってはとても残酷なことのように思えますが、チャウチャウが食用犬だったのは本当の話です。 特にチャウチャウを飼っている人にとっては、なんだか嫌な話ですよね。 さらに今現在でも、・・・
犬が病気になったり、怪我をした時、治療費や入院、手術費は全て自費負担になるので、かなりの金額を用意しないといけません。 この他にも、毎年のワクチンや予防接種、フィラリアの予防薬、健康診断など・・・
私の経験から言わせていただけるのなら、車酔いさせないことも全て仔犬の時からの習慣だと思います。 仔犬の頃から、車に乗せて色々な場所に一緒に出かけていると、車酔いをすることもなく、自分から車に・・・
人間と一緒のベッドや布団で犬と寝るかに関しても、飼い主さんの考え方次第ではないかと思います。 しつけ本などには、一緒に寝るのは良くないと書かれていることも多いですね。 ちなみに、私は3匹の・・・
犬の被毛や体色は、犬種によって変わることがあります。 例えば、動く宝石と言われるヨークシャーテリアの場合は、7回被毛の色が変わると言われています。 最初は黒っぽい色をしていますが、次第・・・
犬と暮らしていると、毎日のスキンシップ代わりにチュっと挨拶をしたりすることもありますよね。 顔を舐めるのは犬の愛情表現でもあるので、嫌がるのが可哀そうな時もありますね。 これは飼い主さ・・・
可愛い犬の洋服を見つけたら、うちの子に着せてあげたい!と思う飼い主さんも多いのではないでしょうか? これは、犬の大きさや性格、飼育環境や季節にもよると思いますが、嫌がるものを無理強いするのは・・・
小型犬の場合は、サイズが小さければ小さいほど可愛いと思う傾向にあるようですね。 しかし、人間の場合で考えてみましょう。 極小サイズの犬というのは、元々体の小さい系統の犬を交配させて産ま・・・
どうしても犬を無料でもらいたいと思うのなら、まずは保健所や動物管理センターに行って、捨て犬や保護されている犬の里親になることを考えてみてください。 この場合、仔犬である可能性は低くなりますが・・・
同じ犬種でも安い値段と高い値段があるのは、誰もが思う疑問かもしれませんね。 同じ犬種なのに、酷い場合には一桁違ってしまう事だってあります。 これはどうしてなのでしょうか? 一つは・・・
まず犬には、色々な犬種がありますね。 大きさ、体格、被毛の種類だけでもたくさんの犬種があり、同じ犬種でも様々な違いがあったりするので、かなりの数になります。 犬を飼うと決めた時、どの犬・・・

カテゴリー「犬の疑問(その他)」のトップへ↑