犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

基本的に褒めてしつけよう!

 

私は多頭飼いをしています。

 

多頭飼いの場合は、一番最初の子のしつけをしっかりとしておけば後は意外と楽なんですが、1匹だけどうしてもトイレを覚えられない子がいました。

 

最初は出来ないことで苛立ち、叱ってしまったこともあります。

 

でも、ある時、気持ちを切り替えてみたんです。

 

私自身叱られるよりも、褒められた方が伸びる性格だったこともあるかもしれません(笑)

 

犬だって叱られるよりも、褒める方がもしかしたら覚えてくれるかもしれないと思ったのです。

 

まず、気持ちを切り替えるまでには悩み、苦労もしましたが、一度切り替えてしまうと、スーっと気持ちが楽になり、今まで見えなかったものが見えるような気がしました。

 

まずは、トイレを失敗することを前提として、防水シートを敷き詰め、もれないようにしておきました。

 

そうすると、失敗しても腹が立たないので、犬を叱らずに済みます。

 

一応ここでするんだよと、教えて行きながら出来た時には、思いきり褒めるようにしました。

 

すぐに完璧にというわけにはいきませんでしたが、褒めることでやる気が出たのでしょうか?

 

トイレを失敗する回数が徐々に減ってきたのです。

 

そのうち、トイレが出来た時には、「できたよ〜!」とばかりに報告しに来るようになったのです。

 

時間はかかりましたが、今ではちゃんとトイレができるようになりましたし、出来る度に褒めています。

 

もしもしつけが上手くいかず、悩んでいるなら、叱るのではなく、出来たら褒めるしつけに変えてみてください。

 

褒めるしつけが成功の秘訣と言うのを、身を持って実感した私からのアドバイスです。