犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

しつけは短時間で集中して行う!

 

何をするにもそうですが、いつまでもダラダラと続けていては効率も悪くなりますし、集中力もなくなってしまいます。

 

犬のしつけもこれと同じです。

 

早く覚えてほしい、しつけを上手にしたいという、飼い主さんの気持ちはとてもよくわかります。

 

でも、犬の集中力はそんなに長続きしないので、いつまでもダラダラとしていても意味がないんですね。

 

大切なのは、短時間で集中し、根気よく繰り返していくことなんです。

 

長時間のしつけは、全く無意味になってしまう事もあるのです。

 

仔犬は色々なことに興味津々なので、しつけもそれを上手に利用して行う事ができます。

 

でも、仔犬の集中力は持っても5分が限界です。

 

仔犬のしつけは、短時間で行い、時間をおいて何度も繰り返して行く方が効果的です。

 

成犬になっても、集中力は10分~15分が限界でしょう。

 

どんなしつけをする場合でも、短時間で行い、いったんやめて、時間をおいてから再開するようにします。

 

この方が犬も集中して覚えることができますし、飽きさせないのでグングン吸収してくれるはずです。

 

犬のしつけに関して大切なことは、飼い主さんが力んで空回りしないようにすることです。

 

時には犬のペースに合わせてゆっくりとしつけをしていきましょう。

 

犬のしつけは、ある意味飼い主さんの根気と忍耐力も必要なんですね。