犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

まてのしつけ

 

私は、まてのしつけも時にも、ご飯の時間を利用していました。

 

まず、おすわりをさせてから、食事を目の前におきます。

 

この時、すぐに食べようとするので、最初は強めに「まて!」と言います。

 

おすわりの後に、ふせをさせたり、オテ、オカワリをさせる人もいますが、私はおすわりだけさせ、次にまてをします。

 

飼い主さんの考え方にも色々あると思いますが、私はオテとオカワリは芸のように思えてしまうので、このしつけはしていません。

 

もちろん、しつけてはいけないという事ではありませんが、私はこの順序でお話をさせていただきますね。

 

「まて!」と少し強めに言った時、驚いて一瞬動きが止まります。

 

それでも動じない時には、軽く体を押さえて静止させてみてください。

 

この時にも、「まて!」と声をかけておきます。

 

最初は数秒間でもいいので、じっと待つことができたら褒めてあげましょう。

 

次に「よし」と言って、ご飯を食べさせてあげます。

 

「まて」と「よし」は、セットで教えていくとわかりやすいのでオススメです。

 

「まて」と言う時に、手を前にかざしたり、人差し指を立ててゼスチャーも入れると、犬が理解しやすいかもしれませんね。

 

リードを使ってやる場合には、おすわりの姿勢にしたまま、まてを教える方法もあります。

 

でも、私はご飯の時間を利用することで、他の場合にもできるように応用していきました。

 

外に出た時に、おすわりの姿勢でそのまま待たせる場合には、マテと声をかけ、少しずつ犬と距離を取っていきます。

 

最初から長い時間は待てないので、少しずつ時間を延ばしていくといいですね。