犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

無駄吠えのしつけ

 

無駄吠えのしつけについては、仔犬の頃からの習慣がカギになると思います。

 

犬が吠える時、必ず吠える理由があります。

 

警戒心の強い子は、家族を守ろうとして、危険を知らせる意味で吠える場合もあります。

 

社会性が身についていない子は、警戒心も強くなりますし、来客や宅配業者を縄張りに入ってきた侵入者とみなし、吠えることで縄張りを主張しようとしたりします。

 

この対策として一番効果的なのは、社会性を身につけておくという事ですね。

 

社会性は、仔犬の頃から、たくさんの人と犬と触れ合う事で自然と身について行きます。

 

つまり、散歩に行った時、他の人や犬と挨拶を交わしたり、ドッグランでたくさんの人や犬達と知り合っておけばいいんです。

 

家の中で家族や飼い主さんとしか接していない子は、社会性も身に付きませんので、警戒心も強くなる傾向にあるようです。

 

ちょっとした物音でも、吠える犬になってしまいます。

 

すでにある程度大きくなっている場合でも、時間をかけて他の人や犬がいる場所に連れて行ってみましょう。

 

最初は吠えるかもしれませんが、いきなり近づいたりせず、まずは他の人や犬がいる環境に慣れさせ、徐々にステップアップしていけばいいんです。

 

成犬になってからだと時間もかかりますが、仔犬のうちからたくさん外に連れて行き、皆と触れ合う事で社会性が身に付きますので、吠える原因も自然と少なくなって行きます。

 

大切なのは、吠える原因を確かめ、その原因に対して対処していくことですね。