犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

甘噛みのしつけ

 

甘噛みは仔犬ならば必ずする行動なので、安易に考えず甘噛みでもやめさせるように徹底しましょう。

 

仔犬のうちは歯が生えてくるのが痒くて、噛むのも仕方ないという人がいますが、それでも甘噛みは許してはいけないことなのです。

 

仔犬の時に甘噛みのしつけを徹底しておかないと、将来成犬になってからも噛み癖のある犬になってしまいます。

 

仔犬は、甘えたい時に甘噛みをすることがあります。

 

飼い主さんと遊んでいる時、嬉しいので愛情表現の一つとして、飼い主さんの手や足を舐めてきます。

 

これが、ついエスカレートして甘噛みになってしまうんですね。

 

でも、舐めるのはいいのに、噛むのはいけないといっても仔犬には区別ができません。

 

そのためには、むやみに手や足を舐めないように注意することも大切ですね。

 

おもちゃを与えて、おもちゃで遊ぶ楽しさも教えてあげましょう。

 

もしも人の手や足を甘噛みした時には、すかさずその場で「痛い!」と少し大げさに声をあげてみましょう。

 

大抵の場合は、この時驚いて噛むのを止めますので、甘噛みの度にこれを繰り返して行きます。

 

我が家の場合は、この方法で甘噛みをしなくなりましたし、どんなことがあっても絶対に人を噛むことはしなくなりました。

 

犬の性格にもよりますので、少しやんちゃで大きな声ではめげない子の場合は、「痛い!」と声をあげた後に、ハウスに戻し無視します。

 

犬は飼い主さんに無視されるのが、何より辛く悲しいことなのです。

 

人を噛むと、遊んでもらえず、無視されるとわかれば、自然と甘噛みもしなくなってくるでしょう。

 

仔犬の時にしっかりと、甘噛みの癖を直しておくことが大切です。