犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

マーキングのしつけ

 

マーキングは、主にオス犬に多いことだと思います。

 

たまに縄張り意識の強いメス犬もマーキングをすることがあるようですが、ここではオスの場合について考えていきます。

 

マーキングはある意味、犬の習性でもあるので、マーキングをしつけていくのはとても難しく、根気も必要になってきます。

 

去勢手術(避妊手術)をすることで、かなりの割合でマーキングをしなくなるという事もわかってきていますので、切実に悩んでいるのなら、手術を検討してみてください。

 

一見残酷で可哀そうにも思える方法かもしれませんが、将来的な病気予防にもなるので、一度検討してみる価値はあると思います。

 

トイレはきちんとできているのに、壁におしっこをかけてしまうという時には、トイレにひと工夫してみてください。

 

今は犬のトイレにも色々なタイプがあって、マーキングをしてしまう子用に、壁に対してLの字になっているトイレもあります。

 

その上にペットシーツを置き、Lの時型にトイレを置くことで、壁にオシッコがかかっても壁を汚さずに済むようになっています。

 

トイレがなくても、ペットシーツをテープで壁にLの字に貼っておいてもいいですね。

 

犬の大きさやオシッコの量に合わせて、ペットシーツの大きさを変えていくといいでしょう。

 

何かにオシッコを引っかけようとした時に、大きな音を立ててそれをやめさせる方法もあります。

 

ですが、タイミングが難しいので、タイミングを見計らう努力も必要になってきます。

 

マーキングは習性なので、完全になくすことはできませんが、散歩の時だけマーキングを許してあげて、家の中ではトイレを工夫するなどで、マーキング対策はできると思います。