犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

拾い食いのしつけ

 

拾い食いも子犬の頃からの習慣になります。

 

まず、犬は視界に何かあった時、匂いを嗅いで口に入れて、それが何であるかを確認しようとします。

 

この時、食べられないものとわかれば吐き出しますが、食べ物だった場合には、そのまま食べてしまうでしょう。

 

もしもそれが犬にとって毒になるものだったら・・・。

 

考えただけでも、ぞっとしてしまいますね。

 

拾い食いのしつけは、環境作りから始めて行きましょう。

 

家の中の場合には、床に物を置かない、外の場合にも何かあったらすぐに片づけることが大切です。

 

散歩の時にも、何か落ちていて犬がそれに対し興味を持っても、リードを短く持ち、「イケナイ」と声をかけ落ちているものに近づけないようにします。

 

おやつをあげる時、一度床や地面に落して食べさせるのも、拾い食いの癖になってしまうので、何かをあげる時には、食器に入れるか、直接手で食べさせる方がいいと思います。

 

私の場合は、仔犬の時から下に落ちたものは絶対に食べさせないよう徹底してきましたので、拾い食いもほとんどしません。

 

仔犬の時から習慣つけることも、拾い食いのしつけのコツだと思います。

 

もしも何かを拾い食いしているところを目撃した時には、すぐにやめさせましょう。

 

口の中に入れたものでも、可能ならば取り出すといいですね。

 

拾い食いのしつけは、仔犬の頃から徹底して行う事で、成犬になっても拾い食いしないようになると思います。