犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

引っ張り癖のしつけ

 

引っ張り癖は、お散歩の時によくある光景ですね。

 

飼い主をリーダーと認めていない場合に、よくある行動の一つが引っ張り癖です。

 

散歩の時でも、主導権は飼い主さんが握るようにしましょう。

 

犬が行きたい方向に自由に行かせていてはいけません。

 

行く方向は、飼い主さんが決めるようにしましょう。

 

トレーニング用の専用のリードなどを使うと、無理に力を使わず自然と引っ張り癖を修正できます。

 

どうしてもうまくいかない場合には、こういうものを使ってみてもいいと思います。

 

まず、リードを上手にコントロールしてください。

 

犬が勝手に違う方向に行こうとした時、リードを一瞬、強めに行き軽くショックを与えます。

 

そして、飼い主の言う通りの方向に行った時には、褒めてあげましょう。

 

違う方向に行く度に、これを繰り返してみてください。

 

これは、何度も繰り返して体で覚えさせていくのが一番だと思います。

 

決して体罰ではありませんので、極端に力を入れて引っ張る必要はありません。

 

犬の体格や大きさも考えながら行いましょう。

 

一瞬軽く引くだけでも十分、伝わりますので力加減も考えてあげてくださいね。

 

あっちこっち行ってしまう場合には、最初からリードを短めに持ち、自由に動ける範囲を作らないようにし、飼い主さんの横を歩かせるようにしましょう。

 

大切なのは、繰り返し行う事です。

 

犬の名前を呼び飼い主さんの目を見るよう、アイコンタクトも上手に使ってみましょう。

 

失敗しても根気よく引っ張り癖を修正していきましょう。