犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

犬の本能

 

犬の本能は生まれ持ったものなので、無理やり押さえつけようとしたり、意味も考えずに叱ったりすると、逆効果になることがあります。

 

まずは犬の本能について、どういったものがあるのかを知っておきましょう。

 

犬は本来群れで行動していました。

 

今のペットとされている犬にも、この本能が強く残っています。

 

家族を群れとみなして、全員に順位をつけようとします。

 

飼い主をリーダーと認めても、飼い主の子供を自分より下と判断したら、どんなに叱っても子供の言う事は聞こうとしません。

 

犬にとっては自分より立場が下になるのですから、言う事を聞かないばかりか、子供が犬を叱ろうとしたら、噛みついたりする場合もあります。

 

これも群れで生活していく上で順位を付ける本能なのです。

 

これを権勢本能といい、しつけに失敗してしまった場合には、権勢症候群または、アルファシンドロームと言われる問題行動を起こすようになってしまいます。

 

この本能をよく理解して、まずは飼い主がリーダーであること、子供がいる場合には、子供の方が立場が上なのだと犬に教え、理解させていく必要があります。

 

一見難しそうに思えることですが、これも犬の本能や習性をよく学び理解することで、しつけを通して飼い主さんも勉強することができますね。

 

飼い主さんは、群れで生活するリーダーとしてふさわしい行動をとることも大切なのです。