犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

リーダーウォーク

 

まず最初に、リーダーウォークというのが、どういうものであるかを簡単に説明しておきましょう。

 

リーダーウォークとは、散歩に行ったり外を歩く時、ワンちゃんが飼い主さんから一定の距離を保ち歩くことを言います。

 

家の中ではよほどのことがない限り、他の人に迷惑をかけるような行為をすることはないと思います。

 

しかし、一歩外に出たら、飼い主さんとワンちゃん以外の人や犬もたくさんいますね。

 

散歩の途中にワンちゃんが先頭に立ち、ワンちゃんの行きたい方向に行ってはいませんか?

 

まっすぐ歩こうとせず、あちこち寄り道をしたり、グイグイと引っ張っられてはいませんか?

 

こういう場合、他の人や自転車、車などが急に目の前に飛び出してきた時、思わぬ事故につながる可能性も出てきますね。

 

いつ何が起きてもいいように、しっかりとリーダーウォークを取っておくことが大切ですし、ワンちゃんと飼い主さんの安全を守ることにつながるのです。

 

リーダーウォークを上手く行うには、いくつかのポイントがあります。

 

まず、リーダーウォークの練習をする時には、カラー(首輪)を使います。

 

リードを少し短めに持ち、犬が好き勝手な方向に行こうとした時、リードを一瞬グイっと引き寄せ、犬を自分の横に立たせるようにしていきます。

 

この時、首に軽くショックを与えるので、犬は一瞬驚いて飼い主さんの方を見て、静止しますので、その時には褒めてあげましょう。

 

いつもと違う散歩コースを歩く時、犬は興味をそそられるものがたくさんあるので、あちこちに行こうとします。

 

この時にも、リードを軽く引き、横を歩くよう修正していきます。

 

ショックを与え、横を歩けたら褒めることを繰り返していくと、上手に飼い主さんに寄り添い歩けるようになっていきます。

 

何度も繰り返して、根気よくリーダーウォークをマスターして下さい。