犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

ホールドスチール

 

ホールドスチールを簡単に説明しておきましょう。

 

まずは、犬を座らせておきます。

 

次に飼い主さんは、犬の背後に周りそのまま抱きかかえます。

 

犬がマウンティングをする姿勢をイメージしてみてください。

 

マウンティングは、上位の犬が下位の犬に対して、自分の方が上なのだとアピールするために行いますね。

 

これがホールドスチールと思うとわかりやすいと思います。

 

もしもこの時、犬が嫌がっても離さずに犬が落ち着くまで、ホールドスチールをキープしてください。

 

嫌がる→暴れる→解放する、をしてしまうと、暴れれば自分の思い通りになると学習してしまいます。

 

特に飼い主さんが犬のやりたい放題にさせていると、犬は自分をリーダーだと勘違いしていますので、ホールドスチールの姿勢を取られた時に、暴れたりすることがあります。

 

飼い主さんがリーダーなのだと、理解させるためにも大切なしつけなので、暴れても離さない覚悟で行いましょう。

 

上手に静止できるようになったら、そのままの姿勢をキープし、口や足をなでていきます。

 

その次に軽く犬に覆いかぶさるようにして、犬に伏せの姿勢を取らせます。

 

この時、犬がお腹を出して服従のポーズを取るようになれば、飼い主さんをリーダーと認めている証拠です。

 

でもすぐに解放せずに、ゆっくりと起き上がらせてお座りをさせ、しばらくしてから解放してあげてください。

 

ホールドスチールをする時は、あっという間に行うのではなく、ゆっくりと時間をかけて行う方が効果的です。