犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

アイコンタクト

 

アイコンタクトは、しつけを行う上でとても大切なものになりますので、是非覚えておいてください。

 

その前にアイコンタクトを行う時には、一つだけ注意しておきたいポイントがあります。

 

動物、特に犬は真正面から見つめられることを攻撃する意思があると受け取る場合があります。

 

アイコンタクトは、犬と目と目を合わせて行うものですが、いきなり真正面から見つめてしまうと、犬に対し不安や恐怖を与えてしまう事もあるので、注意してくださいね。

 

まず、最初に名前を呼び、飼い主さんの方を見るようにしていきます。

 

仔犬は好奇心の塊のようなものなので、何かに夢中になっていると呼んでも来ないこともありますね。

 

こういう場合には、音の鳴るおもちゃや、おやつなどを使ってみましょう。

 

飼い主さんの方に興味を示し、目があった時に名前を呼び褒めてあげましょう。

 

おやつを使う場合には、このタイミングでおやつを与えていきます。

 

ただし、おやつに頼ってしまうと、おやつ無しでは言う事を聞かなくなることもあるので、ご褒美を褒めることにしておくといいと思います。

 

飼い主さんの目をみると良い事があると理解すれば、名前を呼んだ時、必ず飼い主さんの目を見るようになります。

 

アイコンタクトは、犬を上手にしつけ、コントロールしていくためにも、とても大切な基本となるものなので、愛情を持って優しく接しながら行いましょう。