犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

タッチング

 

タッチングについては、単語を見るとなんとなく想像できると思います。

 

タッチしていく、つまり犬の耳、脇や腿の内側、足の裏、鼻などを触っていくことです。

 

ある程度、信頼関係がある時には、タッチングも行いやすいと思います。

 

でも、ついつい可愛いからと甘やかし、犬の思い通りにさせていると、犬は自分が一番偉いと勘違いしているので、タッチングも慎重に行っていく必要があります。

 

まずは、飼い主さんが座ってリラックスした状態で犬を近くに座らせます。

 

次にフセの姿勢にさせてから、犬を横向きにして、最終的にお腹を見せるポーズをとらせてみましょう。

 

ココで抵抗しても諦めずに、飼い主さんが犬に覆いかぶさるようにして、そのままのポーズをキープさせます。

 

この時、おだてるような声は出さずに無言で行います。

 

そして、犬にとって敏感な部分、耳、脇や腿の内側、足の裏、鼻などを少しずつ触って行きましょう。

 

アイコンタクトも取りながら、タッチングをしていきます。

 

最初は嫌がって暴れたりすることもありますが、飼い主がリーダーであると理解できるまで根気よく続けることが大切です。

 

いったん飼い主をリーダーと認めれば、元々服従心の強い犬は、嫌がらずにタッチングができるようになっていきます。

 

体のどこを触られても平気なようにしておくことで、動物病院での診察の時にもおとなしく出来るようになります。

 

タッチングは、毎日のスキンシップにもなりますし、体のどこかに異常があった時、早期発見・早期治療につがなります。