犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

キャリーバッグ

 

キャリーバッグは、一つあると色々な使い方ができるので、とても便利です。

 

肩から下げて持つバッグのようなタイプから、箱形になっているタイプのものまで種類もいくつかに分かれています。

 


 

仔犬の時に、初めて動物病院に行く時にも、キャリーバッグに入れて行くと他のワンちゃんとの接触も避けられるので、こういう場合にも便利ですね。

 

我が家では多頭飼いをしていますが、お散歩の時、帰りは疲れて歩きたがらない甘えん坊がいます(笑)

 

散歩に行く時には、キャリーバッグを持って行き、帰りはそこに入って帰る子がいるので、お散歩の時には必需品となっています。

 

ワンちゃんとおでかけする時、人の多いところや電車に乗る時にも、キャリーバッグに入れないと乗せてもらえないこともありますね。

 

食料品を扱うお店は無理ですが、ホームセンターの場合は、ワンちゃんも入店できるところが多いので、キャリーバッグに入れて一緒にお買い物なんていう使い方もできます。

 

日中家族が出かけた後、お母さんとべったりのワンちゃんもいますね。

 

超甘えん坊のワンちゃんはいつも抱っこしてほしいと甘えたりしますが、四六時中抱っこしていられない時、肩から掛けるタイプのキャリーバッグに入れて、家事をするなんてこともできます。

 

甘えん坊のワンちゃんも、これなら安心ですし、肩にかけることで両手が空くので、お母さんも家事をしやすくなります。

 

キャリーバッグはあると便利なので、そろえておくといいと思います。