犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

短毛犬のブラッシング

 

長毛犬に比べると、短毛犬のブラッシングはそれほど神経を使わずに済みますが、短毛犬だからと言ってサボらずに、毎日丁寧にブラッシングをしてあげましょう。

 

短毛犬には、少し硬めのスリッカーブラシや、ラバーブラシが向いています。

 


 

全身を優しくブラッシングしてあげましょう。

 

毛ツヤもよくなりますし、マッサージ効果で全身の血行が良くなり代謝もアップします。

 

短毛犬にもダブルコートの犬がいます。

 

この場合には、季節の変わり目になると、アンダーコートが大量に抜け落ちます。

 

そのままにしておくと不衛生ですし、夏などは蒸れて皮膚病になりやすいので、こまめにブラッシングをしてあげます。

 

短毛犬用のアンダーコートをとかす専用のブラシもありますので、そういうものを使ってあげてもいいでしょう。

 

短毛犬の毛もつややかでキレイな時には、ビロードのように輝いています。

 

毎日ブラッシングをすることで、飼い主さんとのスキンシップにもなり、犬との信頼関係も深まります。

 

短毛犬だからといって、ろくにブラッシングもせず放置しておけば、不衛生ですし皮膚病になることだってあるのです。

 

散歩から帰ってきた後や、思いきり遊んだ後に、優しくブラッシングをしてあげると、マッサージ効果もあるので、犬も気持ちよさそうにしています。

 

仔犬の頃から習慣にしておけば、犬も嫌がらずお利口にブラシができるようになるので、仔犬の頃から習慣にしておきましょう。