犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

歯みがきのやり方

 

歯みがきも仔犬の頃から習慣づけることが大切です。

 

犬だからといって、歯磨きもせずそのままにしておけば、歯周病になりますし、口の中が不衛生で悪臭もしてきます。

 

犬の健康のためにも毎日の歯ブラシを習慣付けておきましょう。

 

一番いいのは、犬用の歯ブラシや、子供用の小さい歯ブラシを使い、飼い主さんが歯磨きをしてあげることですね。

 


 

専用の歯磨きこもありますが、特に使わずに歯ブラシだけでも十分効果があります。

 

毎食後行うのが理想的ですね。

 


 

歯ブラシを嫌がる場合には、ガーゼなどの清潔な布を指に巻き、歯の表面を優しく拭き取ってあげてもいいでしょう。

 

歯ブラシを使うよりも、多少効果は落ちますが、しないよりはいいはずです。

 

他には、歯磨き効果のある、噛むおもちゃやガムを与えることですね。

 

噛むことでストレス解消にもなりますし、顎を丈夫にし、歯もキレイになります。

 

成犬になってからいきなり歯磨きをしようとしても、嫌がって出来ないことが多いので、歯磨きは仔犬の頃から習慣付けることが必要です。

 

無理に押さえつけたりしてしまうと、口に触ろうとするだけで嫌がり逃げるようになるので、自然に優しく、遊び感覚で褒めながら歯ブラシをするようにしてください。

 

犬も歯垢が蓄積されれば、歯石になり、歯周病、歯槽膿漏になっていきます。

 

こうなってしまうと簡単には除去できず、全身麻酔を使って歯石をとらないといけなくなりますので、歯ブラシは習慣つけておきましょう。