犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

耳掃除のやり方

 

初めに、どんな犬でも犬の耳はとてもデリケートだという事を覚えておいてください。

 

耳掃除の時に、綿棒を使ったり、コットンに専用のローションをしみ込ませて、汚れをふき取って行きますが、この時にキレイにしようと思うばかり、ちょっと力が入っただけでも、耳の中を傷つけてしまうことになります。

 

耳掃除は丁寧に優しく行う事が大切なんですね。

 

犬の種類によって、耳の形も変わってきます。

 

立ち耳の犬は、耳掃除もしやすいので、耳の中をのぞいてみて、耳垢が確認出来た時に、コットンや綿棒で掃除をしてあげるといいでしょう。

 

たれ耳の犬の場合は、常に耳が垂れていて若干通気性が悪くなっています。

 

蒸れやすいので、耳のトラブルも多くなります。

 

耳掃除は、こまめにしてあげましょう。

 

綿棒やコットンを使うのもいいのですが、耳垢を奥に押し込んでしまったり、耳を傷つけてしまう可能性もあります。

 

この場合には、耳掃除用の洗浄液を使うのがオススメです。

 

一般的に市販もされていますし、動物病院でも分けてもらう事ができると思いますので、聞いてみてください。

 

洗浄液を耳の中に適量たらして、軽く揉んで耳垢を浮かせます。

 


 

この後に必ず頭を振るので、浮き出た耳垢が飛び出してきます。

 

こうすれば無理に綿棒で拭きとらなくても済みますし、耳の周りを優しく拭き取るだけで耳掃除は完了します。

 

やり方がよくわからない場合には、動物病院でも教えてもらえますので聞いてみてください。