犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

爪きりのやり方

 

爪きりは犬の大きさに関わらず、犬の爪の色でやり方も少し変わってきますね。

 

犬の爪は大抵、黒い爪か、白く透き通っている爪のどちらかになります。

 

白く透き通っている爪は、血管も見えるので、血管を傷つけないように、手前まで切りそろえていけばいいのです。

 

黒い爪の場合は、血管の位置を確認できないので、一気に切ってしまうと血管まで傷つけてしまい、出血してしまいます。

 

この場合は、止血剤を擦りこむように塗っていくとすぐに血は止まりますが、一度でも痛い思いをすると、犬は爪切りを怖がり、嫌がるようになるので慎重に行います。

 

黒い爪の場合は、一気に切らずに、少しずつ何回かに分けて切って行きます。

 

ある程度切っていくと、爪の断面を見た時、爪の中央にうっすらと血管の名残のような跡が見えてきます。

 

ココまで切ったら、そこでやめておきましょう。

 

私の経験上、それ以上切ってしまうと必ず出血してきます。

 

爪切りには、ギロチンタイプと、ニッパータイプのものがありますので、飼い主さんの使いやすい方を選んでみてください。

 


 


 

爪切りを購入すると、専用のやすりも付いていることもありますね。

 

仕上げに爪の角をとっておくと、体を引っ掻くようなことがあっても皮膚を傷つけずに済みますので、できればやすりで仕上げもしてあげましょう。

 

自信のない人は、動物病院でも爪切りをしてもらえますし、トリミングに出した時に爪切りもしてもらえます。

 

その分費用はかかりますが、べストだと思う方法を選んでみてくださいね。