犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

シャンプーのやり方

 

トリミングに出している犬は、特に自宅でシャンプーをする必要もないと思いますが、自宅でもシャンプーはできますので、挑戦してみてください。

 

シャンプーは犬の被毛のタイプによっても、いくつか種類があるので、それぞれに合うものを選んであげましょう。

 


 

まず、最初に全身を軽くブラッシングして、ホコリや毛のほつれなどをとっておきます。

 

毛玉になっていたら、シャンプー前にカットしておくといいですね。

 

次に、シャンプーを付ける前に全身を濡らしていきます。

 

この時、尻尾の方から優しく全身を濡らしていきましょう。

 

シャワーを使う時には、シャワーをできるだけ皮膚に近づけていくと浸透しやすくなりますし、シャワーの圧力で犬を驚かせることもありません。

 

肛門腺を自分で絞れる人は、最初に絞っておきましょう。

 

お湯の温度は、季節によっても変わりますが、熱すぎず、冷たすぎない程度の温度を考えてあげましょう。

 

あらかじめ洗面器や容器に、シャンプーを薄めたシャンプー液を作っておくと全身に均等にシャンプーが行き渡りますので、洗いやすくなります。

 

地肌をマッサージするように、優しく全身を洗って行きます。

 

手足の裏や、指の間、お尻、耳の周りは優しくゆっくりと洗ってあげましょう。

 

すすぎ時は、すすぎ残しがないように、しっかりとすすいであげましょう。

 

リンスをする場合も、リンス液を作っておくと全身に均等に行き渡りますので、使いやすいと思います。

 

すすぐ時も十分にすすぎます。

 

人間のように毎日シャンプーする必要はありません。

 

むしろ毎日シャンプーしてしまうと、皮膚や毛を守るために必要な皮脂まで洗い流してしまうことになります。

 

フケが異常に出てきたり、乾燥して痒がり引っ掻き傷を作る原因にもなるので、季節によって、1週間1回、2週間に1回、月に1回など様子を見ながらシャンプーしてあげてくださいね。