犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

健康のチェックポイント

 

犬はどこか具合が悪くてもそれを言葉で訴えたり、伝えることができません。

 

でも、犬だって病気になった時には、必ず症状がでますし、見た目にも明らかにいつもと違うとわかるはずです。

 

そういう場合は、必ず何らかのサインがありますので、飼い主さんはサインを見逃さないようにしましょう。

 

健康チェックを日課にしておくことで、何かあった時でもすぐに対処することができます。

 

犬も具合が悪い時は、いつもとどこか様子が違ったり、表情も変わります。

 

見た目にはどこも異常はなくても、オシッコが臭かったり、嘔吐や下痢という症状が出ることもあります。

 

寝起きは犬の鼻も乾いていますが、常に乾いている時はどこか具合が悪いのかもしれません。

 

また、鼻水をたらしていたり、くしゃみや咳をすることもあります。

 

私の場合は、食欲があればまず元気な証拠だと思っています。

 

ただし、夏の蒸し暑い時期などは、犬も食欲が落ちることがあるので、一時的な食欲低下以外の時には注意しています。

 

呼吸が落ち着いているか?

 

心臓の鼓動はいつもと同じか?

 

熱はないか?

 

これらは毎日、犬とスキンシップを取っていれば何か異常があってもすぐにわかります。

 

毎日のスキンシップの時に、健康チェックもしておきましょう。

 

耳の中もチェックしておきたいですね。

 

臭いにおいの耳垢がたまっていないかなどもチェックしましょう。

 

具合が悪い時には、舌の色や、歯茎の色が明らかに違っています。

 

これらも毎日チェックしておきましょう。