犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

気温の変化に気をつける

 

気温の変化も犬の健康管理をする上で大切なポイントです。

 

季節ごとに、気温が変わるので、その時期や季節に応じて、体調管理もしていきましょう。

 

また、夏の時期にクーラーの効いた涼しい部屋から、蒸し暑い外に出た時、寒い冬の時期に温かい部屋から、寒い外に出た時など、急激な温度変化は人間も体調を崩してしまうくらいですから、犬も同じと考えてあげましょう。

 

夏の暑い時期には、犬も熱中症や、熱射病にかかることがあります。

 

飼育環境に応じて、できるだけ犬が快適に過ごせるように、環境を整えてあげることも大切なことです。

 

季節の変わり目もそうですね。

 

昨日までは暖かかったのに、翌日になって急に冷え込むことがあります。

 

こういう気温の変化は、犬も体調を崩す原因になるので、人間と同じように服を着せて暖かくしてあげたり、部屋を暖めるなど気を配ってあげてください。

 

仔犬や高齢犬は、上手に体温調節ができませんので、特に気温の変化に気をつける必要があります。

 

季節に応じて、常に快適に過ごせるようにしてあげることで、健康管理にもつながると覚えておいてください。

 

犬だからではなく、私たち人間と同じように考えればいいと思うのです。

 

空気が乾燥している冬には、抵抗力も弱くなるのでウイルスにも感染しやすくなってしまいます。

 

空気が乾燥している時には、加湿器をおくことで犬も人間も、湿度を保つことができますね。