犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

薬の飲ませ方

 

犬も病気になったり、病気予防のために薬を飲むことがあります。

 

そういう場合に役に立つ、薬の飲ませ方についてお話していきます。

 

粉薬の場合は、そのままでは飲ませられませんし、人間のように口に水を含み、ゴックンすることができません。

 

こういう場合には、食事の時にドッグフードに混ぜてしまう事もできます。

 

しかし、警戒心の強い子の場合は、薬の臭いがすると、ごはんを食べないこともあります。

 

こういう場合には、水分の多めな缶詰を混ぜ、薬も一緒に混ぜてみましょう。

 

意外とすんなり食べてくれることがあります。

 

犬用のおやつチーズの真ん中をくりぬき、そこに薬を入れてチーズを丸めておやつとしてあげるとパクっと食べてくれるので、食事に混ぜても食べない場合は、こういうやり方もできます。

 

錠剤の場合は、口を開け出来るだけ奥の方に薬を投げ入れ、手で軽く口を押さえて、鼻にフっと息を吹きかけます。

 

この時、ゴックンと上手に飲み込んでくれるのですが、後からコッソリ薬だけ吐き出してしまう事もあるので、きちんと確認してくださいね。

 

こういう場合にも、おやつ用のチーズが役に立ちます。

 

犬の性格にもよりますが、食欲旺盛で何事も気にしないおおらかな犬の場合は、粉薬を食事に振りかけても、錠剤を見せても大喜びで食べてくれることもあったりします(笑)

 

犬の性格や、薬の種類によって色々と試してみてくださいね。