犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

痴呆

 

犬にも痴呆という病気があります。

 

最近は犬の生活環境も良くなり、長生きする犬も多くなっています。

 

その分、痴呆になる可能性も増えているようですね。

 

高齢犬になると全ての犬が、痴呆になるとは限りませんが、痴呆になる可能性はあるようです。

 

【原因】

 

犬の痴呆についての詳しい原因は、はっきりと解明されていませんが、人間と同じようにアルツハイマーの原因となる物質が脳内に蓄積されることが原因になるという説があります。

 

老化の原因の一つでもある、酸化も原因であると言われています。

 

他には、脳の病気(脳出血や脳梗塞など)が原因となり、脳にダメージを受けることで痴呆になるとも言われています。

 

【特徴】

 

犬の痴呆も人間とほぼ同じです。

 

飼い主の顔も、自分の名前も忘れてしまいますし、簡単な動作などもできなくなっていきます。

 

【症状】

 

主な症状としては次の通りです。

 

・徘徊、その場でクルクルと回り続ける。
・夜鳴き。
・食欲は異常なほど増進するのに痩せていく。
・トイレを失敗するようになる。
・昼と夜が逆転してしまう。
・壁などに頭をぶつけるようになる。

 

【予防・治療方法】

 

人間同様に痴呆の治療法は、ありません。

 

完全に予防はできなくても、毎日単調な生活よりも、常に刺激があれば犬も痴呆になりにくいと言われています。

 

飼い主さんとのスキンシップは、犬にとって嬉しい時間です。

 

軽い運動やお散歩に連れて行ってあげましょう。

 

治療法はありませんが、進行を遅らせることはできるようです。

 

ある程度の年齢になったら、サプリメントを飲ませることで老化を防止します。

 

つまり、犬のアンチエイジングといったところですね。

 

愛犬が痴呆になってしまったら・・・ショックだと思います。

 

でも、大切な家族の一員であることには変わりないのですから、愛情をもってケアしてあげてください。