犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

乳がん

 

乳がんは、メスとして生まれた犬ならなる可能性のある病気の一つです。

 

乳がんは、乳腺腫瘍とともに犬にできる腫瘍の中で、最も多い腫瘍と言われています。

 

【原因】

 

乳がんの原因については、エストロゲンと呼ばれる卵巣から出ている女性ホルモンの影響だという事がわかっています。

 

【特徴】

 

人間と同じで、乳首の周囲に1個〜数個のしこりが確認できます。

 

しこりにも良性と悪性があります。

 

【症状】

 

主な症状は次の通りです。

 

<良性のしこり>

 

・しこりが皮膚のすぐ下にあり、はっきりとわかり手で確認できる。
・しこりをさわると、コロコロと動く。
・しこりは硬く、大きさもほぼ均一である。
・しこりは大きくならず、小さいままである。

 

<悪性のしこり>

 

・手でしこりに触った時、皮膚の奥深くまで頑丈なしこりを感じる。
・しこりが複数あっても、境界線がはっきり確認できない。
・しこりが短期間で大きくなっていく。
・熱を持っていたり、炎症が確認でき、分泌物が出てくる。

 

【予防・治療方法】

 

乳がんの場合は、良性であればしこりだけを切除する手術をします。

 

悪性の場合には、ガンなので他に転移する可能性もあるため、しこりだけの切除では完全に治療できません。

 

一番の治療法は、避妊手術です。

 

乳癌の原因を作り出す子宮と卵巣を摘出することで、乳がんだけでなく子宮の病気の予防にもなります。

 

将来的なメス特有の病気予防にもつながるので、仔犬を産ませる予定がない場合、避妊手術をするという事も考えていく必要があります。