犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

歯槽膿漏

 

噛むという事は、健康でいるためにもとても大切なことです。

 

しかし、噛むこと自体を脅かすことにもなる病気が歯槽膿漏です。

 

【原因】

 

歯槽膿漏の一番の原因は、「歯垢と歯石」です。

 

【特徴】

 

歯の表面に歯石がこびりつき、口腔内が不衛生になるので、悪臭がします。

 

歯石が歯茎の奥深くまで入り込むと、骨をとかされ歯がぐらつきます。

 

このため、硬いドッグフードが食べられなくなり、食べ物を口に入れるのを嫌がるようになります。

 

歯周病菌が、血管から内臓に行き、内臓疾患を併発するケースも多くなります。

 

【症状】

 

歯槽膿漏の症状は次の通りです。

 

・歯茎が赤くはれ上がり、出血が見られる。
・腐敗臭のような口臭。
・歯がグラグラする。
・歯が抜け落ちる。
・食欲の低下。

 

【予防・治療方法】

 

歯槽膿漏の治療は、歯石を除去する以外にありません。

 

初期の段階であれば、手動で歯石を除去しますが、口の中を触られるのを極端に嫌がったり、歯槽膿漏がかなり進行している場合は、全身麻酔をし、専用の機械で歯石を除去(スケーリング)していきます。

 

歯槽膿漏は骨をとかしてしまうので、スケーリングの途中で歯が抜け落ちてしまう事もあります。

 

歯槽膿漏の一番の予防は、歯磨きです。

 

仔犬の頃から、歯磨きの習慣をつけておくことが大切です。

 

成犬になってから歯磨きをしようとしても、上手くいきません。

 

この場合には、歯磨き効果のあるおもちゃや、ガムで歯磨き代わりにします。

 

歯石の付きにくいドッグフードも開発されていますので、そういうものに切り替えて行くのも効果的ですね。