犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

歯周病

 

歯周病は犬に多い病気の一つです。

 

日本では、3歳以上の犬の約80%が、歯周病および歯周病予備軍と言われています。

 

歯周病を放置しておくと血管に細菌が入り込み、心臓病や腎臓病を引き起こすこともあります。

 

【原因】

 

犬も食事をした後は、食べたものが歯に付きます。

 

この食べカスが歯垢となって、細菌が繁殖していきます。

 

この細菌が、歯肉に炎症を引き起こし歯周病となり、さらに放置しておくと歯槽膿漏になっていきます。

 

【特徴】

 

歯垢が蓄積され、やがて歯石になり歯槽膿漏へと進むことになります。

 

このような口の中のトラブルを総称して、歯周病と呼んでいます。

 

【症状】

 

・歯茎が赤く腫れている。
・歯茎に触れただけで出血する。
・口臭がする。
・いつも歯の表面がよごれている。

 

【予防・治療方法】

 

犬の歯周病の予防は、食後の歯磨きが一番効果的です。

 

大切なのは、仔犬の頃からの習慣です。

 

成犬になってからも、それが病気予防につながることもあるのです。

 

食事のあとは、1日1回でもいいので、仔犬の頃から歯磨きの習慣をつけておきましょう。

 

歯磨きができない場合は、歯磨き効果のあるガムや、おもちゃを使って歯磨き代わりにします。

 

メーカーによっては、歯石の付きにくいドッグフードもありますので、日頃からそういうフードを食べさせるのも効果的だと思います。

 

歯周病の治療ですが、まず口腔内を清潔にすることが大切です。

 

比較的若い犬であれば、やり方次第では歯磨きもできるようになります。

 

歯垢から歯石になっている場合は、歯磨きでは除去できないので、全身麻酔で歯石を除去します。