犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

糖尿病

 

犬の糖尿病は、人間の糖尿病とほぼ同じ病気だと言えます。

 

放置していると白内障などの合併症を引き起こすため、非常に怖い病気です。

 

特に肥満の犬は体の異常を早期にキャッチして、早期に治療に取り組んであげることが大切です。

 

【原因】

 

人間と同じように、犬も脾臓からインスリンという物質を分泌させて血中の糖分を吸収しています。

 

このインスリンが何らかの原因で分泌されなくなると、糖尿病になると考えられています。

 

【特徴】

 

犬の糖尿病には、大きく分けて2つのタイプがあります。

 

1.インスリン依存性糖尿病

 

遺伝、肥満、などの要因が複数で起こるタイプ。

 

2.インスリン非依存性糖尿病

 

インスリンは分泌されているが、効き目が弱いため起こるタイプ。

 

【症状】

 

糖尿病の症状は次の通りです。

 

・多飲多尿。
・食欲は増加するのに、体重は減少する。
・独特の口臭がある。(アセトン臭)
・糖尿病性ケトアシドーシスになった場合、嘔吐等の症状も見られる。
・症状が進行すると、昏睡状態になることもある。(かなり危険な状態)
・糖尿病が原因で合併症を引き起こす。

 

【予防・治療方法】

 

糖尿病の治療には、足りないインスリンを補うため、インスリン注射を行います。

 

これは生きている限り続けていく必要があります。

 

療法食を取り入れ、食生活も改善していきます。

 

糖尿病の予防は、人間と同じように、栄養バランスの良い食事と適度な運動です。

 

食べ過ぎ、運動不足は肥満の原因を作っているようなものですね。

 

飼い主さんも一緒になって、犬と一緒に適度な運動を心がけてみましょう。

 

飼い主さんも、犬も健康になれたらステキなことですよね。

 

食事も、適量を見極め、犬の年齢に応じてそれぞれに合ったドッグフードを選んであげてください。