犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

血友病

 

犬の血友病は、血が止まりにくくなる病気です。

 

人間の血友病と全く同じで、奇病とも呼ばれています。

 

一度かかってしまうと死に至ることもある恐ろしい病気です。

 

血友病の治療法はいまだ確立れていません。

 

血友病は先天性のものなので予防が困難ですが、症状がみられたらすぐに病院で治療をしましょう。

 

【原因】

 

血友病の原因は遺伝です。

 

【特徴】

 

オス犬だけに発症します。

 

血が止まらないという特徴を持ち、それは全身のいたるところに影響します。

 

犬の中でも、特にジャーマンシェパードに多く発症します。

 

【症状】

 

血友病の症状は、次の通りです。

 

・怪我をしたり、切りキズができた場合、出血が止まらない。
・皮下出血、関節内、粘膜、筋肉内といった、あらゆる場所でも出血が止まらなくなる。
・激しい運動で、血管が出血し、大量出血になることもある。

 

【予防・治療方法】

 

血友病の原因が遺伝性のものである以上、予防は血友病を持つ犬は繁殖に使わないことですね。

 

交配をさせる時には、しっかりと遺伝性のキャリアを確認することです。

 

この他の遺伝性の病気の予防にもつながりますので、決して軽んじて安易に考えず、遺伝性の病気を持った仔犬を産ませないでください。

 

血友病の治療としては、血液検査で血液の凝固因子を検査して、欠如している凝固因子を補っていきます。

 

出血が多い場合には、輸血をすることもあります。

 

犬にも血液型があるのを知っていましたか?

 

血友病の場合には、輸血をする可能性も高くなりますので、健康診断の時や血液検査をした時に、犬の血液型も調べておくと、イザという時にも安心ですね。

 

ちなみに、犬には、9種類の血液型があります。

 

特に病気ではない場合でも、愛犬の血液型を知っておくと、もしもの時に役立つと思います。