犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

白内障

 

犬の白内障も人間と同じ目の病気です。

 

白内障は目の水晶体が白く濁って視界が悪くなる病気です。

 

放置すると失明してしまう事もあります。

 

犬の白内障は一般的に老犬に多い目の病気です。

 

【原因】

 

白内障の原因は先天性のものと、後天性のものに分けられます。

 

先天性の場合は、主に遺伝が原因で生まれつき目の水晶体が濁っている先天性白内障。

 

また、仔犬や若い犬に発病する若年性白内障があります。

 

先天性、若年性ともに原因は遺伝です。

 

後天性の場合は、糖尿病や目に何らかのダメージを受けるなどの外傷が原因になります。

 

【特徴】

 

白内障の名前からも想像できるように、目の黒目の部分が白く濁ってきます。

 

高齢犬に多く見られます。

 

症状が進行すると、やがて失明してしまう事もありますが、進行がゆっくりなので犬は見えないなりに順応することができます。(急性の場合は別)

 

【症状】

 

白内障の症状は、次の通りです。

 

・目が白く濁る。
・視力低下。
・視力が低下しているため、動きがぎこちない。

 

【予防・治療方法】

 

白内障の治療法については、初期の段階では、進行を遅くするために点眼薬や内服薬を投与していきます。

 

ある程度の進行を遅らせることはできますが、この治療では完治しません。

 

視力の低下が著しい場合には、外科的治療を行います。

 

しかし、網膜の委縮がある場合には、外科的治療も効果がないため、事前に網膜の検査が必要になります。

 

糖尿病等が原因で白内障になった場合には、要因となっている病気の治療も併用して行います。

 

白内障は完全に予防することができませんが、これも早期発見、早期治療が大切です。

 

糖尿病等にしないよう、健康管理も気をつけたいですね。