犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

耳疥癬(みみかいせん)

 

体全体の疥癬もありますが、ここでは耳疥癬についてお話をしていきます。

 

耳疥癬は耳の中でダニが繁殖する病気です。

 

耳ダニ症とも呼ばれています。

 

犬の耳ダニは繁殖力が高いので、しっかりと駆除していないと、いつまでも耳の中に寄生してしまいます。

 

【原因】

 

耳疥癬の原因は、ミミヒゼンダニというダニが寄生することで起こる耳の病気です。

 

【特徴】

 

耳疥癬は、接触感染をするので多頭飼いや、他の犬と接触したり、耳疥癬の犬と接触することで感染します。

 

激しい痒みが特徴的です。

 

人も耳疥癬の犬と接触することで、感染し激しい痒みや、湿疹、皮膚炎を起こすこともあります。

 

【症状】

 

耳疥癬の症状は、次の通りです。

 

・激しい痒み。
・真っ黒くい粘り気のある耳垢が溜まり、悪臭がする。
・耳が痒いので、しきりに頭を振ったり、耳をひっかく。
・耳だけでなく、耳の周囲や、目の周りにも症状が出ることがある。

 

【予防・治療方法】

 

耳疥癬の予防としては、耳疥癬の犬との接触は避けるようにします。

 

ミミヒゼンダニはどんどん繁殖していくので、耳掃除をしただけでは、完治しません。

 

すでに、耳疥癬になっている場合には、適切な治療を行います。

 

主な治療法としては、次の通りです。

 

ミミヒゼンダニは耳垢を餌にしているので、耳垢を除去して、耳の中を洗浄し清潔にしていきます。

 

殺ダニ効果のある薬を使い、ダニを死滅させます。

 

痒みが激しく、二次感染を起こしている場合には、炎症を抑える治療もしていきます。

 

接触感染をするので、多頭飼いの場合には、他の犬も検査と治療が必要になります。