犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

回虫症

 

回虫症は「回虫」という寄生虫の一種が体内に侵入し、小腸に寄生する病気です。

 

犬に寄生する回虫は「イヌ回虫」という種類で、見た目はミミズのように細長く、白っぽい色をしています。

 

愛犬のお腹が膨れていたり、下痢や嘔吐を繰り返す場合は、すぐに病院へ連れて行きましょう。

 

【原因】

 

犬の回虫症は、犬回虫という寄生虫に感染することで起こります。

 

主に、母犬のお腹の中にいる時に感染する胎盤感染。

 

母犬の母乳を飲む時に、感染する乳汁感染等があります。

 

【特徴】

 

回虫に感染すると、回虫は体内を移動し、最終的に小腸にたどりつきそこに寄生します。

 

仔犬が回虫症になると、お腹が異常に膨らむのですぐにわかります。

 

【症状】

 

回虫症の症状は、次の通りです。

 

・下痢
・嘔吐
・発育不全
・体重減少
・お腹が異常に膨れる。(仔犬の場合)
・貧血
・元気がない。

 

【予防・治療方法】

 

回虫症の予防としては、母体感染以外の場合、散歩に行った時に道路に放置されている糞からも感染する可能性があるので、そういうところには近づかないようにしましょう。

 

母体感染の場合は、避けられないので適切な治療を行います。

 

回虫症の治療法としては、駆虫薬を飲ませて駆虫します。

 

1回では駆虫しきれないこともあるので、必要に応じて何度か駆虫薬の投与を続けます。

 

念のために定期的に検査を受けておくといいでしょう。

 

特に仔犬の場合には、下痢で体力を消耗してしまうので、下痢止めなどを飲む事もあります。

 

多頭飼いをしている場合には、1頭でも回虫症が見つかったら、他の犬にも感染している可能性が高くなります。

 

成犬の場合は、無症状の場合もありますが、しっかりと駆虫しておくことが大切です。