犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

水頭症

 

水頭症は、何らかの原因で頭の中に水が溜まってしまう病気です。

 

水といっても普通の水ではなく、脳脊髄液と呼ばれているものです。

 

この脳脊髄液が過剰に分泌してしまい、脳がある脳室が脳脊髄液で一杯になってしまうのです。

 

水頭症は特に小型犬に多い病気なので注意が必要です。

 

【原因】

 

水頭症の原因には、先天性と後天性があります。

 

先天性の場合は、遺伝が原因でウイルス感染や発育不良により発症することがあります。

 

後天性の場合は、脳炎、脳腫瘍、脳内出血などの脳の病気だったり、事故や怪我による頭部の外傷により発症してしまいます。

 

【特徴】

 

先天性の水頭症は、小型犬に多く見られるという特徴があります。

 

主に、チワワ、ポメラニアン、パグ、ミニチュアダックスなどがそうです。

 

【症状】

 

水頭症の症状は、次の通りです。

 

・脳に障害が起こるので、動作が緩慢になる。
・物覚えが悪い。
・何もない所でよく転ぶ。
・転ぶと立ち上がれない。
・ぼんやりしていることが多い。
・歩き方がおかしい。
・すぐに疲れてしまう。
・てんかん発作を起こす。

 

【予防・治療方法】

 

水頭症の予防は、とても難しいと言われています。

 

このため、少しでも思い当たる症状があった場合には、できるだけ早く病院で検査を受けてみてください。

 

症状が軽いと言っても、脳内が通常とは違う危険な状態であることには変わりありません。

 

早期治療も大切なことです。

 

水頭症の治療法としては、まず第一に、脳骨髄液の量を減らして、脳圧を下げることが大切です。

 

脳圧を下げる薬を使う内科的な治療をしていきます。

 

脳骨髄液を腹腔内に流すことで、脳圧を下げる外科的治療もあります。

 

治療法に関しては、獣医さんとよく相談した上で決めていってください。