犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

心筋症

 

心筋症は心筋が何らかの原因により異常が起こり、血液が全身に循環しなくなる病気です。

 

最悪の場合は突然死に至ることもあるとても怖い病気です。

 

犬の心筋症にはいくつかのタイプがありますが、その中でも最も多いと言われている拡張型心筋症についてお話をしていきます。

 

【原因】

 

犬に一番多いと言われている拡張型心筋症には、大きく分けて2種類あります。

 

1.特発性心筋症

 

原因は不明

 

2.続発性心筋症

 

他の疾患による二次的な要因。

 

これらが原因となり、心臓を支えている筋肉が正常に機能しなくなる病気です。

 

このため新鮮な血液が全身に行き渡らなくなり、色々な症状が出てきます。

 

【特徴】

 

高齢になるほど発生率が高くなるという特徴があります。

 

大型犬に多いのも特徴です。

 

【症状】

 

心筋症の症状は、次の通りです。

 

・ちょっと動いただけでも疲れやすい。
・息がすぐに上がってしまう。
・軽い運動でも呼吸が荒くなる。
・咳が出る。
・お腹が膨らむ。
・意識を失う。
・不整脈が出る。
・呼吸困難

 

【予防・治療方法】

 

心筋症の予防には、確実なものがありません。

 

大型犬の高齢犬がかかりやすいという特徴があるので、当てはまる場合には、定期的な健康診断をすることで、予防にもつながりますね。

 

すでに思い当たる症状がある場合には、すぐに病院で検査を受け適切な治療をしましょう。

 

心筋症の主な治療法としては、利尿剤、強心剤、等を使った内科的治療が一般的です。

 

この他、血管拡張剤や、抗不整脈剤などを使う場合もあります。

 

また、食生活の見直しも治療の一環として行います。

 

塩分は極力抑えておいた方がいいので、心臓病用の療法食等を食べさせていきます。

 

また、心臓を強くすると言われているタウリンやLカルチニンのサプリメントを取り入れるのも効果的です。