犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

膿皮症

 

膿皮症は、犬の皮膚病の一種です。

 

犬の皮膚病で多い病気になります。

 

犬の皮膚に細菌が感染することによって、湿疹やニキビ、赤みが出来ていたり、かゆみが出る病気です。

 

【原因】

 

膿皮症の原因は、ブドウ球菌などの細菌です。

 

この細菌に感染することで、皮膚に炎症を起こし、化膿してしまい膿皮症となっていきます。

 

他には、アレルギー性の皮膚炎(アカラス)が引き金となって、発症することもあります。

 

シャンプーのし過ぎで、膿皮症になることもあるので、シャンプーの頻度や原料にも注意が必要になります。

 

【特徴】

 

膿皮症は、細菌の種類や感染の程度によって症状も様々です。

 

浅在性は仔犬に多く、表在性は夏場に、皺壁性は短頭種に、深在性はジャーマンシェパードに多いという特徴があります。

 

【症状】

 

膿皮症の症状は、次の通りです。

 

・皮膚の炎症。
・痒がる。
・毛が抜ける。
・炎症部分に膿を持つ。
・皮膚がブツブツした状態になる。
・顔、脇、指の間、股に湿疹やかさぶたができる。

 

【予防・治療方法】

 

膿皮症の予防は、飼育環境を清潔にすることです。

 

食事の栄養バランスにも注意しましょう。

 

犬にも年齢にあったドッグフードを選び、栄養バランスやカロリーなどにも注意します。

 

また、清潔にしたい一心で、過度のシャンプーをすると、かえって逆効果になる場合がありますので、シャンプーの頻度も考えてあげましょう。

 

膿皮症の主な治療法は、細菌に対して行います。

 

細菌の種類に合わせた、抗生物質の投与をしながら、薬用シャンプーで全身をキレイに洗浄していきます。

 

薬用シャンプーを使う場合には、全身に成分を浸透させるためにすぐに洗い流さず、成分が浸透するまで少し時間をおいてから洗い流すなどの工夫もします。