犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

肝性脳症

 

犬の肝性脳症は、あまり聞きなれない病名ですが、これは肝臓が大きく関係している病気です。

 

肝臓は解毒や体内の物質を代謝する臓器です。

 

犬の肝臓も、その働きは人間と全く同じです。

 

どんなに食事に気をつけていても、知らず知らずのうちに、保存料などの有害物質を体内に取り入れてしまいますね。

 

【原因】

 

肝臓は体内に入ってきた有害物質を解毒する働きを持っています。

 

アンモニアも有害物質の一つですが、肝臓はこのアンモニアもしっかりと解毒してくれているのです。

 

しかし、肝機能が低下してしまう事で、肝臓でしっかりと解毒されないまま全身に有害物質が行き渡り、最終的には脳にまで達し、脳神経等に影響を及ぼします。

 

生まれつき肝臓が弱い場合もありますが、これは遺伝が原因となります。

 

【特徴】

 

沈黙の臓器とも言われている肝臓は、限界まで我慢する臓器なので、症状が出た時にはかなり進行している場合があります。

 

【症状】

 

肝性脳症の症状は、次の通りです。

 

・多飲多尿
・食欲不振
・発育不全
・動きたがらない。
・マヒを起こすこともある。

 

【予防・治療方法】

 

肝性脳症になってしまうと、薬を使ってアンモニアの増加や吸収を抑える内科治療をします。

 

しかし、この治療法では、完治はせす、気休め程度の延命にしかなりません。

 

完治を望むのなら、外科手術で血管を修復し、肝臓への血流を助けてあげる方法があります。

 

しかし、この手術はかなりの高度な技術を要するので、経験のある獣医師を探しましょう。

 

この病気はあまり発症率自体は高くありませんが、血液検査で簡単に調べられるようになってきています。

 

定期的な健康診断(血液検査)をすると、予防にもつながると思います。