犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

低血糖症

 

低血糖症は、血糖値(血液中の糖分濃度)が低下してしまう病気です。

 

生後3ヶ月頃までの仔犬になりやすいですが、成犬でも発症することがあります。

 

犬の低血糖症には、大きく分けて2種類あります。

 

一つは、仔犬がかかる低血糖症。

 

もう一つは、成犬がかかる低血糖症です。

 

【原因】

 

<仔犬の場合>

 

仔犬はとてもか弱く、デリケートです。

 

病気や、飼い主の不在で長時間食事を食べることができないと、低血糖症になります。

 

仔犬のうちは自分で体温調節が上手くできません。

 

寒い時期などは余計にエネルギーを消耗するので、低血糖症になりやすいです。

 

<成犬の場合>

 

成犬の場合は、何らかの病気が原因で低血糖症になります。

 

糖尿病でも、インスリンの過剰摂取で、低血糖症になることもあります。

 

【特徴】

 

低血糖症を起こしている時は、見た目も元気がなく、ぐったりしていることが多いです。

 

歯茎を見ると真っ白になっているので、すぐに低血糖症とわかります。

 

【症状】

 

低血糖症の症状は、次の通りです。

 

・元気がなくぐったりとしている。
・体が冷たく冷えている。
・歯茎が白くなっている。
・酷い場合には下半身の麻痺が見られる場合がある。
・意識を失う。
・意識がないのに歯をくいしばる。

 

【予防・治療方法】

 

低血糖症といっても、決して軽視してはいけません。

 

生命を維持するための最低限必要なエネルギーも補えない場合には、死んでしまう事もあります。

 

仔犬の場合には、成長するためにたくさんのエネルギーが必要になります。

 

エネルギー補給には、たくさん食べるのが一番です。

 

できるだけ食事の回数を増やし、空腹の時間を減らしてあげましょう。

 

成犬の場合は、原因となっている病気の治療をします。

 

低血糖症の治療法は、仔犬、成犬ともにブドウ糖の投与が一番効果的です。

 

応急処置として、砂糖水やハチミツを舐めさせる方法もあります。

 

意識がない場合には、すぐに動物病院へ連れて行きましょう。