犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

バベシア症

 

バベシア症は、マダニの唾液からバベシア原虫が赤血球に寄生する病気(感染症)です。

 

放置すると、重度の貧血から死に至る場合もあるため早急に治療する必要があります。

 

【原因】

 

犬のバベシア症の原因は、バベシアという原虫です。

 

主にマダニから感染し、体内で赤血球を壊し始めます。

 

バベシア原虫は、暖かい地域に生息しています。

 

九州や沖縄、関西地域などの西日本に住んでいる方は注意が必要です。

 

しかし、近年は温暖化の影響もあり、感染地域は広がっていると言われています。

 

そのため、どこに住んでいても油断は大敵です。

 

【特徴】

 

バベシア原虫が赤血球を攻撃することで高熱が出たり、重度の貧血が見られます。

 

【症状】

 

バベシア症の症状は、次の通りです。

 

・食欲不振。
・元気がない。
・すぐ疲れる。
・血尿
・発熱
・貧血
・息が浅く早くなる。
・舌の色が悪くなる。

 

【予防・治療方法】

 

バベシア症は一度感染してしまうと、完治ができない病気です。

 

重度の貧血を起こすので、場合によっては命に関わるとても怖い病気です。

 

でも抗生物質や抗菌剤を使い治療はできます。

 

薬でバベシアが増えないようにして、貧血を改善していきます。

 

犬の体力が回復していけば、症状も次第に収まり元気になっていきます。

 

しかし、バベシアは体内にいるため、体力が低下すると再発する可能性も高くなります。

 

バベシア症の予防は、マダニの予防が何よりも大切です。

 

マダニを呼ぼうすることで、バベシア症の予防にもつながります。

 

お散歩に行く時、藪や茂みに入るのなら、あらかじめダニ予防をしっかりとしておきましょう。

 

あらかじめマダニ駆虫薬の投与をしておけば、藪や茂みに入ってもマダニを防ぐことができます。

 

これは定期的に行うのが効果的です。

 

マダニを見つけた際は、バベシアが注入される恐れがあります。

 

犬にマダニが寄生しているのを見つけた時は、動物病院で処置してもらいましょう。

 

一度でも、バベシア症になった場合には、いったん回復して元気になっても、体調を崩したら再発しますので、日頃からの健康管理もしっかりと行いましょう。