犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

脊髄空洞症

 

犬の脊髄空洞症がどういう病気かを簡単に説明しておきましょう。

 

脳や脊髄を守っている脳脊髄液にトラブルが起きることで、脊髄内に溜まった髄液が脊髄を圧迫し、空洞ができてしまう病気です。

 

脊髄空洞症になると脊髄が機能障害を起こして、様々な神経障害が起こるようになります。

 

病気が進行すると体全体の筋肉が麻痺する恐ろしい病気です。

 

【原因】

 

脊髄空洞症には先天性と後天性があります。

 

ただし、犬の脊髄空洞症の原因に関しては、はっきりとしたものは解明されていません。

 

したがって、確実な治療法もなく、とても難しい病気です。

 

【特徴】

 

人間にも脊髄空洞症という病気がありますが、人間、犬ともに原因、治療法ともにいまだ確定していません。

 

全身の神経に影響を及ぼす。

 

チワワやダックスフンド、ミニチュアダックス、ウェルシュコーギー、キャバリアなどの比較的小型の犬種にかかりやすいと言われています。

 

先天性の場合は若齢期から中齢期、後天性の場合は、中齢期から老犬にかかりやすいと言われています。

 

【症状】

 

犬の脊髄空洞症の症状は、次の通りです。

 

・ふらつき
・顔面麻痺
・手足の麻痺
・疼痛

 

症状は、空洞ができる部位と大きさにより異なります。

 

無症状から重度の麻痺まで様々です。

 

また、症状がそれほど進行しない場合があります。

 

【予防・治療方法】

 

脊髄空洞症に関しては解明されていない部分も多く、原因もコレと言ったものが見つかっていない状態です。

 

しかし、全く治療ができないというわけではないようですね。

 

脊髄空洞症の場合には、MRI検査で診断が可能になっています。

 

現段階での主な治療法は、鎮痛剤やステロイドを使った内科療法と、手術という外科療法があります。

 

症例も少ないので、なかなか解明できないため症状を緩和することが、治療になっています。

 

原因がはっきりしていないため、これといった予防もなくとても難しい病気であるといえます。

 

難しい病気ではありますが、研究が進み1日でも早く、原因と治療法が確立されることを願ってやみません。