犬のしつけ・飼育方法・病気・疑問|日本一詳しい犬専門サイト

子宮蓄膿症

 

子宮蓄膿症は子宮に大腸菌などの細菌が入り込み、子宮の内部に膿が溜まって炎症を起こす病気です。

 

犬の子宮蓄膿症は、避妊手術をしていないメス犬に多く見られる病気です。

 

進行すると腎不全や尿毒症といった重篤な症状を引き起こすこともあります。

 

【原因】

 

犬が陰部を舐めたりすることで、細菌や大腸菌に感染し炎症を起こします。

 

【特徴】

 

メスだけがかかる病気です。

 

放置しておくと命に関わるとても怖い病気です。

 

発情後、高齢犬に多い病気です。

 

【症状】

 

子宮蓄膿症の症状は、次の通りです。

 

・多飲多尿
・オシッコの匂いが臭くなる。
・オシッコに膿が混ざる。
・陰部から膿が出ている。
・子宮内が膿でいっぱいになるので、妊娠しているように見える。
・発熱
・食欲不振
・下痢
・嘔吐
・元気がなくぐったりする。
・息が荒く苦しそうにしている。

 

【予防・治療方法】

 

子宮蓄膿症の治療法は、子宮摘出しかありません。

 

体力が低下していて、すぐに手術ができない場合は、内科治療で膿を出し、その後、避妊手術をする場合もあります。

 

膿が出てくれば見極めることもできるのですが、膿が出てこない場合には、気付いた時には手遅れになってしまうケースも珍しくありません。

 

死亡率の高い病気でもあるので、仔犬を産ませる予定がないのなら、将来的な病気予防(乳腺炎や乳腺腫瘍)も兼ねて、避妊手術を考えておく必要があります。

 

子宮を持って生まれたメス犬ならば、どんな犬種でもなる可能性の高い病気です。

 

子宮蓄膿症で命を落とす犬もたくさんいます。

 

高齢犬になってからでは手術ができない場合もあるので、できるだけ早いうちに避妊手術をするのも、子宮蓄膿症の予防の一つだと思います。